« 東京スコラ・カントールム 第52回定期・慈善演奏会 | トップページ | News : ストーカー・DVの認知件数 »

2010/03/16

ICカード免許証

免許証の更新に、江東免許試験場に出かけた。
「特別の理由なく失効後6ヶ月以内」。
はい、書き換えを忘れました・・・
MIXIではないので、とほほ話は、なしにして、
東京での更新は始めてでしたが、まぁ、全国それほど変わらない感じで、
スムーズな対応でした。
でも今回、とても面食らったのが、「暗証番号の申請用紙」。

最初の受付の際に、機械から渡され、任意の4桁の番号を二つ指定させられ、
その後の何度かある関門(?)の受付でも、「後で必要ですから」と言われただけで、取り立てて説明はうけなかった。
漠然と、受付のためか、最後に免許証をうけとる時に必要なカードなのかなと思っていた。
そのわりには、紙が立派で、不自然な感じはしたのだけど、何しろ説明が全くなかったので。

で、1時間の講習の中で、最後の方に説明があったのだが、
その説明というのが、以下の様なものだった・・・
「ICカード免許になったので、戸籍が記載されていません。
免許を受け取ったら、機械にかざして、暗証番号を入力して、間違いがないか確かめてください。
また、このカードはなくさないようにして下さい。」

と、ここまで聞いて、あれっと思った。
これって、今日免許証を受け取るのに必要なだけじゃなくて、今後もICチップの情報の読み取り確認に必要な番号なのじゃないかしらん。

え〜
そんなこと、一度も説明されなかった・・・・

確かに、講習の時に暗証番号で情報に間違いがないか確かめるのにも必要だけど、
たとえば身分証明証として免許証を使うときに必要になるのだから、免許証を受け取った日よりも、その後で、必要となるのじゃないかしらん。

講習の教官は、カードをなくさないで下さいって、言ってたけど、
カードが必要なのじゃなくて、設定した暗唱番号が必要。
カードをなくなさいでって、言ったら、免許証とカードを一緒に保管する人がいそう。これって、銀行預金の通帳と銀行印を一緒に保管するようなものじゃないの。

と、かなり驚いた一日でした。
で、帰宅後調べて見たら、警視庁のページに丁寧に説明がのってました。
えっ、三回間違うと読めなくなる・・・
復旧は、免許センターや各警察署でできる。
  ということは、読み取り機はたくさんある、ということかしら。
  たとえば、スイカなどの読み取り機でもよめるのから・・・
などと、いろいろと疑問はでてきたけど、それでも、下記のページのように説明してくれれば、
とりあえずは、理解できると思う。
ここ

まぁ、ICチップに書かれている情報が必要な場合の頻度がそれほど高いとは思えないのだけれど、
今回のように、暗証番号の意味が、まったく説明されないというのは、気味悪い・・・
これで、説明した、あるいはこちらが承認した、と見なされるのは、心外。
気がついたら、総背番号がついていて、私の情報が網羅されていて、
役所やその周辺には、完全に一覧的に把握されていて、
知らないのは、暗証番号を忘れてしまった本人だけ・・・ということになるのでは、
という不安がおきる。

どうして、講習に1時間もかけて、時間はたっぷりあると思うのに、
ちゃんと説明しないのかしらん。

|

« 東京スコラ・カントールム 第52回定期・慈善演奏会 | トップページ | News : ストーカー・DVの認知件数 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34806/47823998

この記事へのトラックバック一覧です: ICカード免許証:

« 東京スコラ・カントールム 第52回定期・慈善演奏会 | トップページ | News : ストーカー・DVの認知件数 »