« 法務省: 全国の刑務所に社会福祉士を配置 | トップページ | お彼岸 »

2009/03/20

法科大学院適性試験って、常識についての試験だったの?

法科大学院適性試験を足切りに使うという方針が、中教審・中央教育審議会の特別委員会から出されたらしい。
この点についても、言いたいことは、いくつかあるけれど。
NHKのニュースを見ていて、びっくり。
「一般常識などを問う適性試験」と二度も言っていた。
えっ、適性試験って、一般常識を問うものなの?

さすがに(?)、新聞の報道では、そのようには書かれていなかったけれど・・・
揚げ足をとるつもりはないけど、びっくりしました。
ニュース原稿って、何も確かめずに、書くのですね。

それにしても、適性試験は、

法曹になるための勉強に適性があるかどうかを問うものであって、
法曹の適性を計るものではないとおもっていたのだが・・・

法曹の適性については、各法科大学院での各科目の修了試験や教育のプロセスで、また、新司法試験といった「出口」で計るのだと思ってました。

|

« 法務省: 全国の刑務所に社会福祉士を配置 | トップページ | お彼岸 »

大学」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34806/44408821

この記事へのトラックバック一覧です: 法科大学院適性試験って、常識についての試験だったの?:

» 就職試験の一般常識 [就職試験の一般常識]
就職試験の一般常識問題をスムーズに答えられるようにしましょう。 [続きを読む]

受信: 2009/04/14 19:31

« 法務省: 全国の刑務所に社会福祉士を配置 | トップページ | お彼岸 »