« 見せる法廷?分かりやすい法廷? | トップページ | 苦い春 »

2009/02/07

初めての味噌造り

以前から、是非やってみたいと思っていたのですが、
ご案内・ご指導くださる方がいて、初めての味噌造りに挑戦しました。
味噌造り
前日から、水につけ、当日は朝からぐつぐつぐつぐつ・・・
家中お豆腐屋さんの香りです。
私にとっては、とても懐かしいかおり。
というのも、

息子が1歳から2歳の頃すんでいた町で、
保育園の帰り道にお豆腐屋さんがあって、
お店から、ガラスのガラリ戸を通して、とおっても良い香りがしてました。
で、吸い寄せられるように、買ってました。
お豆腐もおいしいのですが、がんもどきの揚げたてって、本当においしいのね。
今日は、「一人一個ずつかっちゃおうか」(いつもは私は子供と半分こ)とか、言ったりして。
保育園の帰りって、双方ともに(母子)おなかがすいていて、疲れてたりするのですが、坂道で子供が歩いてくれなかったり、荷物が重かったりと、なかなか辛かったのですが、
辛い中での楽しかったことも、いろいろと・・・
お豆腐屋さんの香りは、思い出させてくれるものでした。
「松樹とうふ店」まだあるかしらん。

さて、当日の8時から煮始めた豆ですが、
味噌造りの指導に義理の姉が、大きなボールを持って、11時頃に到着。
少し早めのお昼をみんなで食べて、
1時くらいから、いよいよつぶし始めました。
はじめは、義姉と私でやっていましたが、
途中から、姑も参加、隣に住む姪まで呼んで、四人でわいわい言いながら、つぶしました。
ビール瓶とビニール袋でつぶすのですが、長年味噌造りをしている義姉のノウハウは、なかなかすごい〜
つぶした後は、巨大なボールのなかで、塩切り麹とまぜ、丸めて漬ける樽(タッパーウェア-)に投げ入れる。
これは、結構ストレス解消になるかも・・・
で、ならして、容器の内側をきれいにして、ラップして、完成!!
Miso
10月には、食べられるそうです。
たのしみぃ〜

初めての味噌造りは、皆さんのおかげで、とてもとても楽しかったです。
煮ている間は、灰汁を取ったり、吹きこぼれに注意したり、水(お湯)を足したりと、着いていなくならないので、大変ですが、
30分位すると、落ち着いてくるので、お洗濯をしたり、お昼と晩ご飯の準備を同時にしてしまったので、それほどのストレスはありませんでした。
ちなみに、この日のお昼は、姑のリクエストでホットケーキ、サラダとコーヒー付きです。
晩ご飯は、蕪とタマネギと鶏肉のスープ仕立て、ほか。でした。

来年のために覚え(E子さんメモ+アルファ)
前日準備
 夕方、たっぷりの水に入れる
 豆が水からからでないように
 今回は、夜9時頃から浸水開始
当日
 1 朝、火にかける
  約5時間、
  吹きこぼれないように注意
  灰汁をとる
  水を足しながら煮る
  豆が踊るくらいの火
  お湯を沸かして、それを足すと良い
  今回は、電気ポットでお湯使った
   お昼などの準備が平行してできてgoo
 2 柔らかくなったら、ざるにあげる
   ゆで汁は、麹と混ぜるときに使うので捨てない
   温かいうちにつぶす
   ゴミ袋とビール瓶、豆が逃げないようにひだを作る
 3 麹とよく混ぜ、ゆで汁で堅さを調節
 4 野球ボールくらいに丸め、空気を抜くために、容器に投げ入れる
 5 表面をならし、カビのもとになるので容器の内側をきれいにする。
 6 サランラップをかける。
堅さは、初めてなのでよくわからない・・・
朝8時から煮始め、ゆであがりが午後1時ごろ、
完成が、2時過ぎでした。

|

« 見せる法廷?分かりやすい法廷? | トップページ | 苦い春 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

季節のたより」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いのうえさんに加え、E子さん&姪っ子も含めた3人が
味噌玉を思いっきり投げつける姿を想像...
迫力あったろうなあ!
お疲れさまでした。秋が楽しみですね。

投稿: musashino-jin | 2009/02/10 10:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34806/43983804

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての味噌造り:

« 見せる法廷?分かりやすい法廷? | トップページ | 苦い春 »