« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009/01/27

News : 親告罪としての強姦罪

報道によると、
******
強姦被害者望まなかったのに 宇都宮地検勇み足? 起訴”強行”
 二〇〇六年、県北で起きた強姦事件で、被害女性が告訴を取り消そうとしていたにもかかわらず宇都宮地検の検察官が起訴、宇都宮地裁は先月、判決公判の中で「告訴人の意思を踏みにじり親告罪の起訴として不相当。強く反省を求める」と異例の勧告をしていたことが、二十四日までに分かった。被害者の真意をくみ取ることよりも、凶悪事件の処理に固執した検察側の判断を「勇み足」と指摘、事件捜査の在り方に一石を投じた。
******

詳しい事実がわからないので、
コメントのしようがない・・・が、

続きを読む "News : 親告罪としての強姦罪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

News: 生殖補助医療推進へ舵きる? 実験室での受精卵作製を認める報告書

報道によれば、
1月26日、文部科学省と厚生労働省の合同専門委員会が、 
これまで、研究目的では原則として認められていなかった実験室での人の受精卵の作製について、
生殖補助医療の研究目的に限り、認めるとした報告書を了承した。

ということ。
ES細胞やiPS細胞からの精子・卵子作製の許可に続き、実験室での受精卵の作製を認めるということに・・・
中国や韓国、そしてアメリカ・カナダでドライブがかかっている生殖補助医療の分野での研究(と開発)へ、我が国も舵をきったということになるのでしょうか。

今後は、

続きを読む "News: 生殖補助医療推進へ舵きる? 実験室での受精卵作製を認める報告書"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/01/25

富士山とみかん

富士山とみかん
通勤途中に垣間見るのも、お気に入りだけれど、やっぱり裾野まで見えると、美しいなぁと思う。
名古屋での仕事がうまくいくような気がして…願望です

それと、富士山をみると、おみかん食べたくなりませんか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/24

冬のワイン

自然派ワインショップ・ペシコさんから、届きました。
ワインセラーが寂しくなりましたとメールすると、すぐに見繕って送ってくださるので、
もはや、わがワインセラーという気分になってきています。
Wine09013
いつも、ワインの説明とともに、届けてくださいます。
その説明というのが、味や飲み方はもちろんですが、作り手のことまで、なんというか、「愛」を感じるメッセージなのです。
今回も、自然派ワインの大御所(?)の最後の年のもの、若手のもの、日本人女性のロゼなど、味も来歴も多彩です。
楽しみ〜
それに、ペシコさんのワインは、おいしいだけじゃなくて、

続きを読む "冬のワイン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/22

lecture : スウェーデンのDV加害者更生プログラムと日本の更生保護における犯罪被害者施策

『スウェーデンにおけるドメスティック・バイオレンス加害者更生ナショナル・プログラムと日本における更生保護における犯罪被害者等施策』


Photo


日時 2009年2月11日(水・祝)
   14時〜17時30分

場所 東北大学東京分室
   丸の内サピアタワー

主催 東北大学国際高等融合領域研究所

講演
「日本の更生保護における被害者に関する取組」
 関東地方更生保護委員会保護観察官 
    大橋由美子氏
「スウェーデンの保護更生の概要--被害者に関する取組を含めて」
 IDAP研修担当者・保護観察官 
    アニタ・ダリアルス氏
「スウェーデンにおけるDV加害者更生のナショナル・プログラムについて」
 IDAP層責任者・保護観察官
    マリアンネ・トピアソン氏
司会 
 東北大学国際高等融合領域研究所 矢野恵美氏

通訳あり
事前申し込み要
申込先は、下記

続きを読む "lecture : スウェーデンのDV加害者更生プログラムと日本の更生保護における犯罪被害者施策"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

concert : 新音楽劇 真冬に聴く!?『夏の夜の夢』

こちらも、直前ですが、ご案内。
*******
新音楽劇
真冬に聴く!?『夏の夜の夢』
 シェークスピア原作の『夏の夜の夢』とパーセル作曲のオペラ『妖精の女王』をコンパクトにまとめた、日本を代表するリコーダー奏者・江崎浩司の脚本・編曲でお送りする音楽劇です。
 江崎浩司率いる『木管トリオ EFE(エフェ)』を中心にピアノ、合唱、リコーダー、オーボエ等のアンサンブルで演奏を担当し、物語を役者が演じる。木管が奏でるメロディーにコーラス、オペラともミュージカルとも違う新感覚の舞台です。

日 時  平成21年1月24日(土) 午後1時30分開場/2時開演
開 場  北沢タウンホール
参加費  2,500円(全席自由)
【主催】北沢区民会館指定管理者 アクティオ(株)
*******

あらすじ他、詳しくは、以下に・・・
また、こちらも、
脚本・編曲・主演(パック)の江崎さんのSite は、こちら
とてもおもしろそう〜
お子さんとでも、楽しめるのでは?
こういう演目って、日本では少ない気がするので、貴重な企画ですね。
でも〜

続きを読む "concert : 新音楽劇 真冬に聴く!?『夏の夜の夢』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

concert: ア・カペラ─神秘の声 at 三井住友銀行本店営業部

TWILIGHT CONCERTという、
  丸の内にある三井住友銀行の本店営業部ロビーでのシリーズ
  今月は、 ア・カペラ─神秘の声ということで・・・
*******
カウンター・テナーを含む、4声のアンサンブル美しいハーモニーで、新しい年の幕開けを
イタリア語で、「礼拝堂(教会)で」という意味の「ア・カペラ(a cappella)」。間もなく、生誕200年をむかえる(1809年2月3日生まれ)メンデルスゾーンの美しい旋律や、同じく生誕400年になる、フランスの聖職者パスローが作曲した、ルネッサンス時代のシャンソンをお楽しみください。
1月23日<金>18時15分 ~ 19時15分 (開場:17時45分)
入場無料
演奏
藤崎美苗 (ソプラノ)青木洋也 (カウンター・テナー)
石川洋人 (テノール)藤井大輔 (バス)
会場
三井住友銀行 東京営業部ロビー内
東京都千代田区丸の内1-3-2永代通り沿い正面玄関
********
曲目他は、以下。

続きを読む "concert: ア・カペラ─神秘の声 at 三井住友銀行本店営業部"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

lecture : 1月30日 公開講演会「タイと英国の社会内処遇の現状と課題」

[ボ2]より

国連アジア極東犯罪防止研修所主催
刑事政策公開講演会
1 日時
平成21年1月30日(金)午後2時30分~同6時10分
2 場所
法務省大会議室(中央合同庁舎6号館 地下棟)
3 講師・演題
(1) タイ法務事務次官
キティポン・キタヤラク氏 (Dr. Kittipong Kittayarak)
「タイにおける拘禁に代わる社会内措置の現状と展望」
(2) 英国仮釈放委員会部長委員
クリスティン・グレン氏 (Ms. Christine Glenn)
「英国における社会内処遇に関する取組」
*****
入場は、無料。
事前の申し込み要。
満員になり次第、受付締め切り。

続きを読む "lecture : 1月30日 公開講演会「タイと英国の社会内処遇の現状と課題」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/21

大寒の翌日に

夕方から、みぞれのような冷たい雨が降り始めててしまいました。
寒中ですから、寒いのは当然というか、寒くなくては困るのでしょうが・・・
でも、寒い・・・
そんな中、
大雪の次の日に
良い香りです。
しゃ
ピンぼけですみません。
大雪の次の日に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/19

lecture : 「台湾女性の相続権をめぐるジェンダー・ポリティクス」

第6回公開レクチャーシリーズ「台湾女性の相続権をめぐるジェンダー・ポリティクス」
一橋大学ジェンダー社会科学研究センター(CGraSS)主催・東北大学GCOE「グローバル時代の男女共同参画と多文化共生」共催

日時 1月30日(金)16:20〜18:00
場所 一橋大学東キャンパスマーキュリータワー3508
報告者:陳昭如さん(国立台湾大学法律学院・専任助理教授)
内容は、以下です。

続きを読む "lecture : 「台湾女性の相続権をめぐるジェンダー・ポリティクス」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/18

COP10関連事業 : 「藤前夢飛翔」企画プランナー公募 藤前干潟を守る会

生物多様性条約10周年会議(COP10)が開かれる予定の愛知で、
「藤前干潟を守る会」が、企業の社会貢献事業のプランナーを募集しています。
一昨年より進めてきた、ボーイング社のCRS(社会貢献事業)。約半年間の企画調査を経て、CRS寄付が決定したそうです。
で、これまでの守る会の様々な事業その理念を生かしつつ、この機会を大きく育てるために、企画プランナーを募集するそうです。
詳しくは、以下

私にとっては、愛知というか、名古屋といえば、「藤前干潟」というくらい・・・

続きを読む "COP10関連事業 : 「藤前夢飛翔」企画プランナー公募 藤前干潟を守る会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

センター試験

天候は、まぁまぁのようでしたが、
やはり、トラブルはあったようですね。
同業の皆様、そしてもちろん、受験生の皆様、ご苦労様でした。
この職業についてから、初めてお呼びがかからなかった昨日・今日。
なんというか、

続きを読む "センター試験"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/17

News: 新任判事補75人、女性29人

ボ2ネタ経由
報道
<新任判事補>75人に辞令交付。 女性39%過去最高
75人の平均年齢は27.19歳。女性は29人で39%を占め、過去最高の割合となった。

既に旧聞ではあるけれど、ついでに・・・
毎日新聞
法務省:新任検事73人に辞令
 法務省は22日、司法修習を終えた新任検事73人に辞令交付。女性は28人。
25~37歳で平均年齢は28.0歳。

なぜか、こちらには載っていないが、
新任検事の女性比率は、38パーセント。

ちなみに、現在の法曹三者全体の女性割合は、

続きを読む "News: 新任判事補75人、女性29人"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/01/16

経済危機と企業ロゴ・・・

気まぐれノートから

確かに、和み系でした。
本当に余裕がなくなると、こういうのもかんに障ってしまうのでしょう。
その意味では試金石かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/14

七草がゆのかわり・・・の、おぜんざい

おぜんざい
七草がゆを食べ損ねてしまったので、
お鏡をわって、おぜんざいにしました。
外は、寒いですが、手のひらの中は、暖かでした。それとおなかも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/08

Northeastern Law School in Boston

今回の出張の目的の一つは、10年前にもお会いした Northeastern Law school で、DV Clinic を担当しているL.カンター先生にお会いすること。10年前には、簡単におはなしを伺っただけだったが、とても魅力的なプログラムを展開してらしたので、もう一度、ちゃんとお話を聞きたいと思っていた。
この2月に法務研究財団で実施する弁護士向けのDV対応研修

Dorchestercourt

Northeasteruni

続きを読む "Northeastern Law School in Boston"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/05

Boston, MA

今年初めての出張で、ボストンへ。
当然寒い・・・
1999年の12月以来なので、ほぼ10年ぶり。
街は、変わっていない・・・と思う。交通システムは、随分変わっていました。

日曜日の今日(4日)は、午前中はEpiscopal の教会で、second Sunday after Christmas に参加。
ものすごぉ〜く、本格的な奉唱(Cdを出したり、定期的な演奏会もしているらしい)で、J.S.Bach の教会カンタータの58番ほかを聴き、自分も会衆の皆さんと数曲歌って、元気がでたところで、
明日の仕事に備えて、時差ぼけ解消のため、ひたすら歩きました。
とても、良いお天気で、風もあまりなくて、気持ち良いお散歩になりました。
ボストンと言えば、お約束のFreedom Trail です。
歩道の赤い線をたどって、歴史とともに、いろいろな建物や銅像、その他を徒歩で回ることができます。
中でも、この Old State House は、現代的なビルの間にある姿に、札幌の時計台を思い出して、親近感でした。
Oldatatehouse1_2

結局、現地時間で0時15分まで起きていますが、時差ぼけは解消できたかしらん。
日本からの宿題は「なし」にしたかったのですが、

続きを読む "Boston, MA"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/03

09年 お正月点景

とても、良いお天気のお正月でした。

Osechi09_9


今年のヒットは、金柑の甘露煮でしょうか・・・
なにせ、自家製というか、自産製です。
なににせよ、手はかかりますが、丁寧に作ると、おいしくできる、ということを思い出させてくれるおせち作りでした。

風もなく、穏やかな日差しでした。
Fujisan09_7
おまけに、こんな方とも遭遇しました。
干支には、まだまだ遠い(というより過ぎたばかり?)ですが・・・

続きを読む "09年 お正月点景"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/01

迎春

迎春
あけましておめでとうございます!

文字通り、春を迎えたいものです。
ご指導お願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »