« News : 名古屋市の昇任試験 | トップページ | Symposium: ユーラシアの平和構築を考える―秋野豊の遺したもの »

2008/07/17

法廷傍聴

法廷傍聴
初年度教育ゼミと、留学生向けの講義の皆さんと、裁判傍聴に出かけた。
裁判傍聴は、わざわざ教員が一緒にいく必要はないのだが、今回は留学生が一緒だったり、他学部の学生がいたりするので、事務官にお世話頂くことに。
最初に、10分ほどのお話の後、1時間程度法廷を傍聴し、その後またお話を伺った。
今回お世話になった事務官の方が、とてもサンパな方で、説明もとても上手、学生たちの気を反らさず、質問をうまくリードして下さる方だった。
一般的な説明から、検察審査会のこと、裁判所内の安全の話、裁判員制度関係の話、法廷の改修のことなどなど、学生の質問をうけつつ、様々なことをお話しくださり、新しいIT法廷も見学させていただいた。
これで、ラウンドテーブルを見せて頂ければ、完璧だったかな。
次回は、こちらから是非指名(笑)させて頂きたい・・・
それと、

法廷傍聴
おみやげまで、いただいた。各種バンフレットの他、葉書・ボールペン、うちわなどのグッズをいただいた。

名古屋地裁では、たいていビデオを見て終わりのことが多かったので、新鮮。

別エントリで書こう思っていたのだが、今回の初年度ゼミは、雰囲気が良くて、意欲的な学生が多く、ゼミとしてもうまくいった。そのせいか、こういう見学をしても、質問含めて学生たちはとても反応がよい。こちらも、気持ちがよい。
この成功(?)が、教員自身の能力によりもたらされたわけではない、のが、少しばかり悲しかったりするのだが・・・

ちなみに、この見学で、今期の講義は終わり。
  あっ、大学院はあと3コマ残っている。
あと、定期試験をして成績評価をして、
そして、細かいものはともかく、この仕事と、あの仕事と、あの仕事、あっもう一つあったあの急に降ってきたあの仕事が終わったら、
ようやく、自分の仕事(研究)ができる。ふ〜
今年の夏休みは、浮き世のしがらみを振り切って、仕事をするために、
一週間、山ごもりならぬ、国内某所で隔離状態になるつもり。
もし予定の仕事が出来なかったら、秋の学会出張も、コンサートもなし・・・のつもり。
とということで、まずは、あの仕事(その一)を試験の採点と成績評価の前にやってしまわなくては・・・

それにしても、今期は、公私ともにとてつもなく忙しくて、良く身体がもったと、しみじみ。
よく頑張った、と自分でも思うので・・・
裁判所からの帰り道、勤務校のすぐそばに最近(といっても、2ヶ月ほど前)に出来たアイスクリーム屋さんで、アイスクリームを買ってみた。
日傘も防止もなしで歩いていたので、多少日射病気味でふらふらしていたので、とてもおいし・・・
 あっ、いつの間にか、MIXI向けの話になってしまった。。。
アイス 


|

« News : 名古屋市の昇任試験 | トップページ | Symposium: ユーラシアの平和構築を考える―秋野豊の遺したもの »

大学」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34806/41886879

この記事へのトラックバック一覧です: 法廷傍聴:

« News : 名古屋市の昇任試験 | トップページ | Symposium: ユーラシアの平和構築を考える―秋野豊の遺したもの »