« かんぱ〜い in 愛知 | トップページ | 大学生のコンサート »

2008/07/14

News: 閲覧禁止の住民票を誤ってDV夫に交付 伊万里市

DV夫へ被害女性の住民票を誤って渡す 伊万里市
報道によると、

******
 夫の暴力から逃れるため佐賀県伊万里市から県外に転居した女性が、ドメスティックバイオレンス(DV)防止法に基づき夫に新住所を知らせない手続きをしたのに、市が夫の求めに応じて女性の住民票を渡していたことがわかった。女性は市から謝罪を受けたが、精神的苦痛を受けたとして市に損害賠償を求めている。
******
ということ、
報道で読む限り、

以前の大津市の事件とは違って、
住基ネットシステムの誤操作というか、いわゆるミスのようだが、
あってはならないミスであることは、間違いない。

確か、似たような事例で、転居費用についてのみ、認容したケースがあったと記憶しているが・・・
いずれにしても、DV対応が市町村の責務であり、住民の安全の確保が基礎自治体の最重要な役目である以上、緊張感をもち、仕事に当たってもらわなくは。

|

« かんぱ〜い in 愛知 | トップページ | 大学生のコンサート »

ドメスティック・バイオレンス」カテゴリの記事

人権」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34806/41833561

この記事へのトラックバック一覧です: News: 閲覧禁止の住民票を誤ってDV夫に交付 伊万里市:

« かんぱ〜い in 愛知 | トップページ | 大学生のコンサート »