« 研究会 : ジェンダー論(フェミニズム)と法学の不幸な(?)結婚 | トップページ | 法廷傍聴 »

2008/07/16

News : 名古屋市の昇任試験

報道によると
******
 名古屋市役所の係長の昇任試験を受ける職員が減り続けている。98年度に1357人いた「行政事務」分野の受験者数は、07年度には522人と、ほぼ3分の1に落ち込んだ。出世より、自分の時間を優先する生活スタイルの変化が大きな理由と市はみている。
******
6年ほど前に、

名古屋市の男女平等参画(名古屋市は共同参画ではなく、平等参画)関係のプラン策定の委員会で、職員の意識調査(若手・中堅・幹部)の調査をしたが、その時にも既に同様の結果が出ていたはず。

また、ほぼ同時期に、愛知県の自治研修所の若手(30代半ば)の政策立案力(正式な名称は忘れた)養成コースの教官として、一年間おつきあいしたが、その時にも、同様の傾向が見られた。(と、上記の委員会でもお話しした記憶がある。)

しかしそこでは、この報道の中で名古屋市の幹部が分析しているのとは、違う印象をもった。「昇進」というよりも、仕事そのものにやりがいをみいだす傾向が見られるのではと感じた。仕事と自分の生活の比較で、自分の生活の方を優先するとか、仕事にやりがいを持っていないというのではなく、昇進することそれ自体ではなく、仕事の内容として、こういうことをやりたいという形で、やりがいを見いだしている方が、多いと感じた。で、そのこと自体は私にはとても健康的に感じられた。他の講師の方も、そういう観点から、最後の成果報告会では、「自分のテーマや専門をもとう」という方向で、お話し下さったと記憶している。
もっとも、自分のやりたい仕事と昇進がリンクしていれば、違いはなくなるのであろうが・・・

いずれにしても、これまでとは異なる発想で、市役所でもキャリア形成のサポートが必要ということ。また、公務員もまた、一人の市民であり、市役所も大きな(?!)事業所なのだから、仕事の仕方・生活の仕方、両者の調整などについて、新しいあり方を是非模索し、社会に提言してほしい。

こういう新しい傾向と、現在の人事管理システムの相性(?)についても・・・
さしあたり、以前のエントリーで書いた育児休業の取得の義務付けは、いかが?
以前のエントリでは書かなかったが、育児休業取得が、出世競争からの離脱などキャリア形成の上での致命傷(?!)とならない、のはもちろんのこと、それに加えて、単純なビハンインドと見なすのではなく、その経験を生かすような工夫が必要かも。
育休は、その間職場での経験をつめないという意味では、ビハインドであることは事実なのだが、復職後それを補うような配慮を積極的に進め、ビハインドを取り戻させるように・・・
あるいは、上で書いたように、職種によるであろうが、その経験を活かすような工夫を・・・・
もちろん、本人の意思と能力が大前提であろうが。
というのは、夢物語と言われそうだが、名古屋市の記事を読むと、必要なのことという気がしてきた。

|

« 研究会 : ジェンダー論(フェミニズム)と法学の不幸な(?)結婚 | トップページ | 法廷傍聴 »

ニュース」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34806/41852632

この記事へのトラックバック一覧です: News : 名古屋市の昇任試験:

» 昇任試験に閑古鳥 [曽野田欣也のMPP]
写真は「イングランド 写真の日々」から「ブサイク林檎」 by ukphotography 「出世より自分の時間大切」名古屋市の昇任試験が閑古鳥 as... [続きを読む]

受信: 2008/07/18 21:18

« 研究会 : ジェンダー論(フェミニズム)と法学の不幸な(?)結婚 | トップページ | 法廷傍聴 »