« News: 国会決議採択へ「先住民族としてのアイヌ」 | トップページ | ペーター・ダイクストラ in 東京カテドラル聖マリア教会 »

2008/06/08

News: パワー・ハラスメントと解決プロトコルの重要性

幸田シャーミンさん:「国連上司がパワハラ」と申し立て報道によると、
職場での経理に関する監査の申し立て・内部告発を、上司が握りつぶそうとした。
また、告発者(幸田)をつぶそうと逆に告発状を送った。
経理問題に関しては、監査の結果、313万の不適切な会計処理が見つかった。

ということ。

報道からしか分からないので、はっきりしたことは言えないけれど、

こういう事例は、職場では数限りなくあると思う。
 船場吉兆の例を出すまでもなく・・・
解決に向けた手続きが予め整備されているということが、とても大切ということだけは確かなこと。
で、そのために「パワハラ」という名称(定義)も、また重要。

しみじみ、足下を見てしまった・・・・ふ〜

|

« News: 国会決議採択へ「先住民族としてのアイヌ」 | トップページ | ペーター・ダイクストラ in 東京カテドラル聖マリア教会 »

ニュース」カテゴリの記事

人権」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34806/41463687

この記事へのトラックバック一覧です: News: パワー・ハラスメントと解決プロトコルの重要性:

« News: 国会決議採択へ「先住民族としてのアイヌ」 | トップページ | ペーター・ダイクストラ in 東京カテドラル聖マリア教会 »