« News: 高校野球と女子部員 | トップページ | ありがとうございました〜 »

2008/03/22

News: やっぱり、録音・録画は嫌ですか、最高検

報道によると

-----
 最高検は21日、裁判員制度での迅速な審理を目的とした取り調べの録音・録画を4月から全国の地検に拡大する際に「撮影は一部にとどめ、全過程では行わない」との方針を表明した。捜査への影響から全過程の「可視化」に反対する意見が現場の検事に多いことを踏まえた判断。
------

そうですか、やっぱり全過程は、お嫌ですか。
録音・録画を試行したきた検事の皆さんのアンケートの結果、

全過程を撮影すべきだという意見はゼロ。
「容疑者の供述の矛盾を厳しく問えず、十分な追及ができなくなる」「雑談や笑いもある取り調べを公開し、被害者や遺族が目の当たりにしたら、捜査機関に極度の不信感、嫌悪感を抱くかもしれない」などの意見が多かった。
ということ。
まぁ、アンケートに関しては、実際に担当した方のとまどいも含めて、懸念や正直な感想がたくさん含まれていると思うのですが・・・。

それにしても、その結果として最高検がだした撮影の方針というのが
「撮影は、既に作成した自白調書に沿って検事が質問して答えさせる場面などに限定し、時間は数十分程度にとどめるとした」
というのは、撮影の意味があるのでしょうか。
録音・録画の意味という目的が理解されていないのではないかしらん。

これなら、法廷で裁判官の前で行えばよいでは・・・
むしろ、今回撮影の対象から外された部分の方を撮影すべきなのでは。

このところの意外な(素人なのにすみません)無罪判決がででいるが、
警察などの捜査を含めて、裁判所のメッセージを感じています。

強姦致傷で無罪
(実は最初この記事を読んだときに、取り調べの際に泣いたのがどっちなのか、すぐに分からなかったというか、状況が理解できなかった・・・)

強盗傷害の共謀では、現場にいて、しかも現金(分け前? 口止め?)を受け取っているのにも関わらず無罪。取り調べの際に脅迫的言動がなされた疑い。

もちろん、報道されている範囲でのことですが。

|

« News: 高校野球と女子部員 | トップページ | ありがとうございました〜 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34806/40594748

この記事へのトラックバック一覧です: News: やっぱり、録音・録画は嫌ですか、最高検:

« News: 高校野球と女子部員 | トップページ | ありがとうございました〜 »