« 企業の契約責任と懲罰賠償: プリンスホテルの責任 | トップページ | 取り調べノートと捜査の可視化 »

2008/02/05

パブコメ:「愛知県DV基本計画(2次)」案

「配偶者からの暴力防止及び被害者支援基本計画(2次) 」案に対する意見を募集している。
是非、多くの県民、そして県民以外の皆さんからも、意見をよせていただきたい。
募集期間は、平成20年1月28日(月)から2月27日(水)まで
計画案及び、意見提出フォーム、提出方法についての詳細は、
こちら
今回の柱 (?)は、

一、愛知県女性相談センターにおける支援の充実
1 市町村支援の充実及び専門性の確保
2 一時保護所機能の充実

二、市町村・地域における支援の充実
1 市町村「DV基本計画」策定の促進
2 市町村における「配偶者暴力相談支援センター」の設置促進

三、DV被害者の安全確保と危機管理
長久手町でDV被害者が人質とされる発砲立てこもり事件を教訓として、DV被
害者の今後の一層の安全確保につなげていくため、関係機関が行った対応を検討
するケース検討会議を開催し、その結果により明らかになった課題に対応する。
 1 危険度アセスメント表の活用
 2 職員による同行支援の実施

の三つ。

2次計画ということもあり、全体としては、1次計画を踏襲する形になっているが、
DV防止法の二次改正、国の二次基本方針を受けて、
県の役割の強化とともに、市町村のDV対応体制充実の促進が計画の最初の方に掲げられている点が、特色。この順序については、県自体のDV対応を後退させるということではないかという意見もありうるが・・・
しかし、県としてのDV対応の充実とともに、基礎自治体のDV対応整備の促進もまた、県の重要な役割であろう。県下の市町村の体制には、大きなばらつきがあり、その中でそれぞれの自治体の実勢に即した体制整備への支援がおこなわれる必要がある。市町村については、書きたいことがたくさんあるが、それは別の機会に・・・ともあれ、先進自治体の例にまなびつつ、今回の法改正・基本方針に沿って、まずはDV施策が市町村の政策・施策全体のなかに位置づけるのが第一歩となるであろう。

三の具体的な対応の整備については、以前のエントリーでも紹介したが、
危険度アセスメント表には、いくつもの問題が残っているが、まぁ、まずは動かしてみることが大切。その後の評価を大切に・・・
また、職員による同行支援の実施 が、柱として挙がっていること自体に、これまでの県のDV対応の実態が如実に表れていると思う。

また、図表として県のDV対応の流れが載ったが、これについても、意見を持たれる方がいらっしゃるとおもう。
特に、民間の支援団体の位置づけについて・・・かな。アセスメント表の運用方法とも重ねる形で検討してほしい。

さらに、計画の推進体制としては、愛知県DV被害者保護支援ネットワーク会議の内に県関係課室で構成する 「計画推進部会」を設置する、となっているが、この部分また拠点施設であるセンターの事業全体
についての計画推進・評価に関しても、是非外部評価をとり入れるべきであろう。この計画の中でも、この部会はネットワーク会議に報告をすることになっているが、これは、恐らく一年の一度のことであろうし、単なる報告となってしまうことが予想される。
そうではなく、もう少し、実質的なところで、県庁外部の人を取り込んだ形で、県の女相の運営の仕方について審議する場があるべき。
最近は、指定管理者制度の導入で様変わりしてしまった感があるが、一昔前の(笑)各種の施設などの運営審議会のような形で、利用者やそのアドヴォケイターたちが参加して、施設や事業のあり方を前向きに審議し運営している場を設けるべきであろう。

計画案を紹介するつもりが、ついつい、意見を書いてしまった・・・
具体的な施策の推進のところも含めて、書き始めると、止まらないので、このあたりで・・・
残りは、パブコメで・・・

|

« 企業の契約責任と懲罰賠償: プリンスホテルの責任 | トップページ | 取り調べノートと捜査の可視化 »

ドメスティック・バイオレンス」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

人権」カテゴリの記事

男女共同参画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34806/17962023

この記事へのトラックバック一覧です: パブコメ:「愛知県DV基本計画(2次)」案 :

« 企業の契約責任と懲罰賠償: プリンスホテルの責任 | トップページ | 取り調べノートと捜査の可視化 »