« 松山市 ジェンダー学と男女共同参画条例  | トップページ | News: 配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護のための施策に関する基本的な方針 »

2008/01/17

News: 英国、RFID・スパイチップの埋め込みを検討

ボツネタ経由でしったのだが、
報道によると、
英司法省、一部の囚人にマイクロチップを埋め込み保釈することを検討。
刑務所の収容能力不足解消のために再犯性の低い囚人にこのマイクロチップを埋め込んで保釈する他、性犯罪者に対しても釈放時にはマイクロチップを埋め込むことで小中学校などの安全ゾーンに立ち入ることがないことがないように監視の手段として役立てる。

ということ。
気になって、元の記事を調べてみた。

インディペンデントにあった。

英国では、いわゆる社会内処遇を受けている人が、既に17万人以上おり、
かれらは、12時間以上の外出禁止命令の元では、足首につける発信装置により、電子的に監視されている。
近年、この足首の監視装置を壊したり、はずそうとしたりする人の数が増加している。
とのこと。

このあたりの事情が日本とは、違う。

それでも、「スパイチップ(spychip)」と呼ばれる電波発信装置が内蔵されているマイクロチップを埋め込むという方法(RFID(radio frequency identification)タグについては、反対意見もあるよう。
記事にも、簡単に紹介されている。

|

« 松山市 ジェンダー学と男女共同参画条例  | トップページ | News: 配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護のための施策に関する基本的な方針 »

人権」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34806/17729888

この記事へのトラックバック一覧です: News: 英国、RFID・スパイチップの埋め込みを検討:

« 松山市 ジェンダー学と男女共同参画条例  | トップページ | News: 配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護のための施策に関する基本的な方針 »