« News: 政府方針 犯罪者処遇に新しい選択肢 | トップページ | book : 異邦人 »

2008/01/08

News: 痴漢容疑に無罪 調書の任意性と長時間の取り調べ

報道によると、
被告は、東京都迷惑防止条例違反で、現行犯逮捕され、逮捕当日に犯行を「自白」する調書に署名したが、公判では一貫して否認していた。
東京地裁は「逮捕直後からの長時間の取り調べで作られたもので、任意性に疑いがある」と自白調書を採用しなかった。

新聞報道からは、

長時間の取り調べ以外に、具体的な暴力とか、脅迫が合ったのかどうかは、よく分からないが、
これまでだと、「長時間」というだけでは、任意性は肯定されてきたのではないだろうか。

|

« News: 政府方針 犯罪者処遇に新しい選択肢 | トップページ | book : 異邦人 »

法律」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34806/17621917

この記事へのトラックバック一覧です: News: 痴漢容疑に無罪 調書の任意性と長時間の取り調べ:

« News: 政府方針 犯罪者処遇に新しい選択肢 | トップページ | book : 異邦人 »