« News: 痴漢容疑に無罪 調書の任意性と長時間の取り調べ | トップページ | News : 英国 双子と知らずに結婚、裁判所が婚姻無効 »

2008/01/12

book : 異邦人

パトリシア・コーンウェル著

シリーズ15作目の検死官シリーズ。
ケイとのつきあい(笑)も、もう15作目ということになる。

正直なところ、ここ3作くらいは、当初スピード感がなくなり、またドラマツルギーとしても、今ひとつの感がぬぐえなかったのだが、
今作は、やや、微妙〜かな
それでも手に取り、読みふけってしまうのだけど・・・

このシリーズでは、科学捜査やテクノロジーの新しさや精緻さに目を奪われていたということも、ある。
でも、やっぱり、登場人物の魅力というか、私自身の同感の度合いが、ポイントであることは間違いない。そういう意味で、今作はちょっと辛かったかも。
検死官シリーズは、登場人物たちがちゃんと年をとる作りになっている(一部例外ありですが)から、なおさら・・・
特に、マリーノについては、もう少し違っても良かったと思う。もちろん、登場人物たちが追いつめられていくというのは、このシリーズの基本的な作りなのだが。
あ、ローズについて、とてもとても悲しいけど、らしくてとても良かった。

回収されていない伏線が結構あって、ちょっと消化不良かな。

それから、タイトルも初期の頃は、もっと即物的なタイトルだったと記憶している。即物的だからこそ、イマジナリーだったとおもうのだけど。今回のは、Book of the Dead。邦訳の異邦人というのは、随分悩んだのでは・・・

|

« News: 痴漢容疑に無罪 調書の任意性と長時間の取り調べ | トップページ | News : 英国 双子と知らずに結婚、裁判所が婚姻無効 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34806/17663197

この記事へのトラックバック一覧です: book : 異邦人:

« News: 痴漢容疑に無罪 調書の任意性と長時間の取り調べ | トップページ | News : 英国 双子と知らずに結婚、裁判所が婚姻無効 »