« Christmas の夜に | トップページ | News: 取り調べの備忘録に提出命令 »

2007/12/26

フランダースの犬と「滅びの美学」?

昨日はしごした病院の待合室で呼んだ新聞で見かけて、あれっと思って、
夜帰宅してから、検索してみた。
私が読んだ記事は、こちら
フランダースの犬がそのままの形で、人気を博しているのは、日本だけとことで、
それを検証するための映画を作ったとのこと。
で、その記事の中に「欧州では、物語は「負け犬の死」(ボルカールトさん)としか映らず、評価されることはなかった。米国では過去に5回映画化されているが、いずれもハッピーエンドに書き換えられた。悲しい結末の原作が、なぜ日本でのみ共感を集めたのかは、長く謎とされてきた。ボルカールト(今回の映画の監督)さんらは、3年をかけて謎の解明を試みた。資料発掘や、世界6か国での計100人を超えるインタビューで、浮かび上がったのは、日本人の心に潜む「滅びの美学」だった。」
と言うことなのだが・・・

ちなみに、私もこのお話は大好き。
パトラッシュといわれただけで、涙が出てくるくらい・・・(とい言うのは、大げさにしても)
確かに、マッチ売りの少女などと、暗さという点では通じるものがある。
でも、日本固有のというと、小川未明の世界を思い出してしまう。

まず、あの原作が「滅びの美学」だというのに、違和感を覚えた。
いわゆるアメリカ的ストーリー・テリングに載らないというのは、理解できるけど、
それが、日本の滅びの美学といわれると、日本人に固有のという点でも、違和感をおぼえる。
それとも、欧州の人(なんて大雑把にくくるのは良くないかも)に取っては、世俗的なしかもコミュニティ的な基準へのこだわりは、私が想像するよりも、強いのだろうか・・・

あの物語は、世間(コミュニティ)の評判ではなく、自分自身の中の価値観を信じている人(子供)の物語じゃないのかしらん。
死については、単に死ぬということが美しいのではなく、ネロが心清く、自分の信ずるものに誠実に生きていたからこそ、美しいし、最後にいわばご褒美として憧れていたルーベンスの絵に邂逅することができた、だからこそ美しいと感じたのだと思う。
「滅びの美学」と言われると、死そのものが美しい、と言われている気がするけど、私はあの物語にはそういう要素は感じなかった。むしろ、ネロの死は本来あってはいけないものなのだけど、悲しいことに世間・コミュニティでは往々にしてありがち。そういう理不尽な死にたいして、ある種の憤りと、ネロにたいする憐憫と、そして最後にはネロ自身は救われたのだ、という安堵感のようなものを感じる。
ああいう、誠実に生きた人の死に対して、世間の一部である自分を責めることはあっても、ネロの生き方それ自体を、惜しむということはあっても、断罪することはないのではないかしら。

それに、ネロ自身は、死を持って、彼を石もて追ったコミュニティの人々を断罪することはしていない。自分の価値観を世間の人に押しつけたり、布教したりしない(主人公が子供ということにも関係するけど)、あくまでも自分自身を信じて、清く誠実に生きているわけで、そういう人に対して、「負け犬」と感じることはない。

といっても、子供時代に読んだだけなので、記憶が定かではないところもあるのだが、
もう一回、読んでみたいなぁと思った次第。
ちょっとまとまりがないけれど、忘れないうちに・・・

|

« Christmas の夜に | トップページ | News: 取り調べの備忘録に提出命令 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34806/17482570

この記事へのトラックバック一覧です: フランダースの犬と「滅びの美学」?:

» パトラッシュ・・・ [★Peaky Speaky★,フランダースの犬と「滅びの美学」?]
疲れたろう。僕も疲れたよ。 何だかとても忙しいんだ。パトラッシュ・・・ [続きを読む]

受信: 2007/12/26 17:45

« Christmas の夜に | トップページ | News: 取り調べの備忘録に提出命令 »