« フランダースの犬と「滅びの美学」? | トップページ | book: 比較判例ジェンダー法 »

2007/12/27

News: 取り調べの備忘録に提出命令

報道によると、
捜査段階での自白の任意性が争われた抗告審・決定で25日、
最高裁第三小法廷(堀籠幸男裁判長)が、検察側に対し、取り調べの際に警察官が書き留めたはずの「備忘録」を証拠として開示するよう命じる判断を示した。

最高裁が、初めて警察官の備忘録を「公文書」とみて刑事訴訟法に基づく証拠開示命令の対象とした。

犯罪捜査規範13条「警察官は,捜査を行うに当り,当該事件の公判の審理に証人として出頭する場合を考慮し,および将来の捜査に資するため,その経過その他参考となるべき事項を明細に記録しておかなければならない。」との規定に基づいて作成したものであり、
個人的なメモではない、ということ。

自白という結果を記した調書だけではなく、
上記、犯罪捜査規範の中に、日々の取り調べの経年(経時)的な記録をとる事が義務づけられていると今回初めて知って、正直驚いた。
現在、進められている捜査の可視化の議論とも関係すると思うし、
 (もちろん、紙での記録とビデオ化には、質的な差があるとは思うが・・)
映画「それでもぼくはやっていない」の中では、こういう記録が取られている気配はなかったし、弁護側も開示を求めている様子はなかったのではと、
いろいろと思い出してしまった。

|

« フランダースの犬と「滅びの美学」? | トップページ | book: 比較判例ジェンダー法 »

ニュース」カテゴリの記事

人権」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34806/17491618

この記事へのトラックバック一覧です: News: 取り調べの備忘録に提出命令:

« フランダースの犬と「滅びの美学」? | トップページ | book: 比較判例ジェンダー法 »