« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007/12/29

News :司法待たずに中国人退去強行

報道によると、

留学中にエステ店で働いたとして摘発された中国籍の女性(33)が、国を相手に退去強制の手続きを進めないよう求める訴訟を起こしている最中に、
しかも、判決の6日前に・・・(命令を受けたのは、12日前)
東京入国管理局から強制的に帰国させられていた。
とのこと。

これに対して、東京地裁は28日の判決の中で、「司法の判断を待たずに違法な手続きが強行されたことは遺憾だ」と同管理局の対応を厳しく批判した。報道によると、

留学中にエステ店で働いたとして摘発された中国籍の女性(33)が、国を相手に退去強制の手続きを進めないよう求める訴訟を起こしている最中に、
しかも、判決の6日前に・・・(命令を受けたのは、12日前)
東京入国管理局から強制的に帰国させられていた。
とのこと。

続きを読む "News :司法待たずに中国人退去強行"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/28

News :文科省の合格者抑制策、国立大の定員超過分は授業料没収

報道によると、
 文部科学省は、在学生が定員を大幅に上回った国立大について、学部ごとに基準を超えた分の学生の授業料を国が実質的に没収することを決めた。

 私大に関しては、かねてより補助金カットという手段で抑制してきたわけだが、「法人化以降、独自収入のアップを目指して合格者を増やしている国立大に警鐘を鳴らす対策」として、08年度から段階的に実施するらしい。

適正な定員というものがあり、それに沿って設置審査その他の厳しい審査をしているのだから、大幅な定員超過については、しかるべき抑制策をするのは当然である。
でも、

続きを読む "News :文科省の合格者抑制策、国立大の定員超過分は授業料没収"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/27

book: 比較判例ジェンダー法

テーマ別に、日本と海外の判例を比較検証した好著。
法科大学院の講義では、判例の分析は重要な要素になるが、ジェンダー法のように先端的な分野では、国内において必要な判例を探し出すことが困難であったり、重要な問題が未だ法律問題としては議論されていない状況がある。
その点で、海外の判例法理から学ぶことが、ジェンダーの視点を取り入れた判例法理を学ぶというポジティヴな意味でも、ジェンダー・バイアスに満ちた判例法理を反面教師として学ぶことも、有益かつ不可欠な状況にある。
なぜ、このような違いが生じているのかという事も含めて、各分野の専門家が執筆分担している。

もう少し、早くでていれば、今年度の教科書にしたかったし、
内容も含めて、いろいろと考えさせられる本であった。

続きを読む "book: 比較判例ジェンダー法"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

News: 取り調べの備忘録に提出命令

報道によると、
捜査段階での自白の任意性が争われた抗告審・決定で25日、
最高裁第三小法廷(堀籠幸男裁判長)が、検察側に対し、取り調べの際に警察官が書き留めたはずの「備忘録」を証拠として開示するよう命じる判断を示した。

最高裁が、初めて警察官の備忘録を「公文書」とみて刑事訴訟法に基づく証拠開示命令の対象とした。

続きを読む "News: 取り調べの備忘録に提出命令"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/26

フランダースの犬と「滅びの美学」?

昨日はしごした病院の待合室で呼んだ新聞で見かけて、あれっと思って、
夜帰宅してから、検索してみた。
私が読んだ記事は、こちら
フランダースの犬がそのままの形で、人気を博しているのは、日本だけとことで、
それを検証するための映画を作ったとのこと。
で、その記事の中に「欧州では、物語は「負け犬の死」(ボルカールトさん)としか映らず、評価されることはなかった。米国では過去に5回映画化されているが、いずれもハッピーエンドに書き換えられた。悲しい結末の原作が、なぜ日本でのみ共感を集めたのかは、長く謎とされてきた。ボルカールト(今回の映画の監督)さんらは、3年をかけて謎の解明を試みた。資料発掘や、世界6か国での計100人を超えるインタビューで、浮かび上がったのは、日本人の心に潜む「滅びの美学」だった。」
と言うことなのだが・・・

続きを読む "フランダースの犬と「滅びの美学」?"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/12/25

Christmas の夜に

Merry Christmas !!

Xmas1
先週は、たちの悪い風邪を引いてしまって、高熱とのどの痛みに苦しみました。
ご迷惑をおかけしてしまった皆さん、ごめんなさい。
特に、愛知県方面(?!)の皆さん、大詰めのところなのに、すみませんでした。
楽しみにしていたコンサートにも参加できずに、残念でしたし、ご迷惑をおかけしました。
来年は・・・

続きを読む "Christmas の夜に"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/19

プレゼントォ〜

ありがとうございます。
一日遅れて、家族がお祝いしてくれました。
いくつになっても、うれしいです。

Birthday1

続きを読む "プレゼントォ〜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

News : 中国ATM誤作動と終身刑

エキサイトニュースによれば、
中国で、ATM機の誤作動により、合計171回の現金引き出しで総額17万5000元(約270万円)を手にした男性に、終身刑が言い渡された。
この男性はATMで1000元を引き出すたび、口座からは1元しか引かれていないことに気付き、昨年4月にそのことを友人にも教えていた。
友人も1万8000元を引き出していたが、友人の方は自首して、1年の禁固刑を受けたが、この男性はさらに1年にわたって現金の引き出しを続け、逮捕された後に終身刑の判決を受けた。

ということ、
さらに、報道によると、この判決に対しては、 

続きを読む "News : 中国ATM誤作動と終身刑"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/18

News : 体外受精と子宮に戻す受精卵の数

報道によると、
日本産科婦人科学会(吉村泰典理事長)が15日、不妊治療で体外受精した受精卵を子宮に戻す数を、従来の「3個以内」から「2個以内」に制限し、可能な限り1個を目指すとする指針案を了承した。
正式には、来年の4月に決定。

もっとも、日本生殖医学会(岡村均理事長)では

続きを読む "News : 体外受精と子宮に戻す受精卵の数"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/17

News : 札幌高検、公判予定をWebで公表

ボツネタ経由で、
札幌高検が、公判予定をネットで紹介。
報道によると
「裁判員制度導入を控え、札幌高検は、同制度の対象となる罪の事件を市民に傍聴してもらおうと、ホームページ(HP)で道内の公判予定を紹介」ということ。

それにしても、

続きを読む "News : 札幌高検、公判予定をWebで公表"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Concert : コーロ・エスプレシーヴォ クリスマスコンサート

季節合唱団・コーロエスプレシーヴォ
ヒルデモア・たまプラーザと、ヒルデモア・こどもの国の二カ所で、
クリスマスキャロルを中心に歌いました。

皆さんとても、熱心に聴いてくださいます。
実は、これが第二弾で、第一弾は14日でしたが、私は仕事で参加できませんでした。
曲目は、Hildemore1

続きを読む "Concert : コーロ・エスプレシーヴォ クリスマスコンサート"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/12/15

足元に、錦?

1週間ほど前です
Photo
主に桜の葉・・・

続きを読む "足元に、錦?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/13

News: 民法772条(300日規定)見直し問題再燃

報道によると
半年で年間推計を上回ったことなどを背景に、
772条(300日規定)の見直しの議論が再燃しているとのこと。
法相も、前向きらしい。

この春には、特例法という形での立法が考えられていたようだが、

続きを読む "News: 民法772条(300日規定)見直し問題再燃"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

concert : プーランク歌曲コンサート 

お世話になっている先生のフランス歌曲のコンサートに出かけた。
シリーズ[20世紀より]第231回
「フォーレの会」−79−と題されているシリーズ。
アポリネールとエリュアールの詩によるプーランクの歌曲

出演 小島りち子、西晴美、松林桂子、山中信
ピアノ 児玉淳子、加納悟郎
於   サントリーホール Blue Rose

フランス歌曲は、詩(言葉)のためのもの?・・・Samneil1208

続きを読む "concert : プーランク歌曲コンサート "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/10

甘酒横丁

一つ前のエントリーに書いた友人の展覧会は、日本橋浜町であったのですが、
そこへ行く途中に、「甘酒横丁」というところを通りました。
で・・・・
Amazake

続きを読む "甘酒横丁"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ぬのぬの二人展、行ってきました

高校の同級生H野さん、
藍染めを中心に絞りをしてらっしゃいます。
 H野さんのブログは、こちら
 とってもきれいで、おまけにおいしそう(?!)です。
いつもは、地元での展覧会でご案内いただいてもなかなかいけかっただけど、
今回は、都内ということで、おじゃましました。

ぬのぬの二人展ということで、和裁をなさっているお友達とコラボレーションでした。
ギャラリーの白い壁にとても映えてます。


E0086881_22231456
この写真は、彼女のブログからです・・・

続きを読む "ぬのぬの二人展、行ってきました"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/12/05

News: 英国、精子提供者の扶養義務

Matimulog経由で知りました。
報道によると、
英国の同性愛の女性カップルが知り合いの男性から精子の提供を受け、人工授精で子供を2人つくった。ところが、その後カップルが「離婚」。「父親」として子供の養育費を払わなければならなくなった男性が、「父親とみなさないで」と訴訟を起こそうとしている。

要するに、

続きを読む "News: 英国、精子提供者の扶養義務"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

symposium: 人口とジェンダー:少子化対策は可能か

日本学術会議主催公開講演会「人口とジェンダー:少子化対策は可能か」
日時:平成20年1月12日(土)13:00~17:00
会場:日本学術会議1階講堂(定員300名)
   参加は無料。
   定員になり次第締め切り。
   詳しくは、こちら

ポスターは、こちらJinkotogender
少子化問題が深刻な社会的課題とされる今日、人口政策は妥当とされるのか、そしてまた人口政策に効果はあるのか。ジェンダー学及びジェンダー史の知見に基づいて、歴史的な検討とともに今日的な課題を考える。

参加申し込みは、

続きを読む "symposium: 人口とジェンダー:少子化対策は可能か"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/04

ユニオンジャックが変更になるかも・・・

既に旧聞になるのでしょうが、
報道によると、連合王国のユニオンジャックの変更(ウェーリッシュ・ドラゴンの扱い)について、ホッジ文化担当閣外相が「変更を検討する」と語り、注目を集めている。
ということ。
さらに、英国の有力紙テレグラフが読者から国旗の変更案を募集したところ、日本からも「2ちゃんねる」のユーザーらがさまざまな案を寄せ、1日、同紙のサイトで紹介されている。
こちらも、ブラックな部分もふくめ、なかなかおもしろい。

連合王国の国旗は、

続きを読む "ユニオンジャックが変更になるかも・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/03

book : 実務ジェンダー法講義

吉岡睦子・林陽子編著

法科大学院テキスト対応とあり、非常にインフォーマティヴな教科書である。
構成も、工夫がされており、それぞれのご専門の方達が執筆している。

続きを読む "book : 実務ジェンダー法講義"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/02

Concert : コーロ・エスプレシーヴォ クリスマスコンサート

コーロ・エスプレシーヴォのクリスマスコンサートのお知らせです。

 日時 2007年12月20日(木) 18:00開演
 場所 世田谷ビジネススクエア タワー棟B1F
    タワーホール(用賀駅前郵便局前)  
      入場無料

是非、いらしてください。
Coro2007xmas_fly3

続きを読む "Concert : コーロ・エスプレシーヴォ クリスマスコンサート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/01

News: 斎賀富美子氏、国際刑事裁判所の裁判官に

ようやくこの10月に加盟国となった日本、のことは、以前にも紹介したが、。
報道によると、

斎賀さんは、第一回目の投票で、三分の二の得票で、決定した。
ICCは国際法に基づいて戦争犯罪や集団殺害、人道に対する罪を裁くため、02年に設置された初の常設国際法廷。

続きを読む "News: 斎賀富美子氏、国際刑事裁判所の裁判官に"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛知県配偶者からの暴力防止及び被害者支援基本計画(2次)策定検討会議 第三回検討会議

第三回目の会議
大枠の確認を終え、内容の確認を行う。
来年1月中旬のパブリック・コメントに向けて、
作業は大詰め・・・Nagoyajou

続きを読む "愛知県配偶者からの暴力防止及び被害者支援基本計画(2次)策定検討会議 第三回検討会議"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »