« News: 皮膚から多能性幹細胞 再生医療へ前進 京都大 | トップページ | News: 保護命令を受けていた男性、 前妻の母刺殺、逮捕 »

2007/11/22

News : ストーカー元夫に女性の住所漏らした疑い、市職員逮捕

報道によると
滋賀県大津市の課長(16日付で職員課付副参事に降格)が、
30年来の知り合い(64)に頼まれて、今年7月下旬ごろ、戸籍住民課などに出向いて公務を理由に住民基本台帳を閲覧し、元妻の住所や家族構成などの情報を手紙で伝えた疑い。
この知り合いは、この情報をもとに元妻にわいせつな内容の手紙を送りつけたとして、ストーカー規制法違反容疑で10月に逮捕、起訴された。
この元課長は、地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで逮捕した。「しつこく頼まれてやってしまった」と容疑を認めているという。

新聞の報道では、はっきりわからないけれど、

おそらくこれは、ドメスティクバイオレンスのケースでしょうね。
大津市は、住民基本台帳の取り扱いについての内規を整備していなかったのでしょうか・・・
個人情報保護法関係の要請もありますし、
DV事案に関しては、
「住民基本台帳事務処理容量に関する省令について」2004年5月付通知で不当な目的にあたる、
ということになっているのですが・・

もちろん、内規があっても、2005年の所沢市のような例もあるし、
今回のように市の内部の課長が元妻の情報を伝えてしまうような場合は、取り扱い要綱があってもどうしようもないわけですが・・・

ちなみに、所沢市の事例は、夫の求めに応じて住民票の除票を夫に送付してしまった事例ですが、
妻が避難のために必要になった費用に関して、損害賠償が認められているようです。

|

« News: 皮膚から多能性幹細胞 再生医療へ前進 京都大 | トップページ | News: 保護命令を受けていた男性、 前妻の母刺殺、逮捕 »

ストーカー」カテゴリの記事

ドメスティック・バイオレンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34806/17152796

この記事へのトラックバック一覧です: News : ストーカー元夫に女性の住所漏らした疑い、市職員逮捕:

« News: 皮膚から多能性幹細胞 再生医療へ前進 京都大 | トップページ | News: 保護命令を受けていた男性、 前妻の母刺殺、逮捕 »