« 声楽のレッスン(10/24) | トップページ | SUGOCA: 九州は、すごか〜 »

2007/10/29

法的世界 : legal reasoning とlayman's reasoning

法とは何か、法的推論は、法哲学の重要なテーマの一つ。
抽象的な、場合によっては、衒学的な装いをもってしまうことも多いのだが・・・

現在は法学教育(法曹養成・学部法学教育・市民の法教育)や、
自由心証主義と裁判員制度の関係、
司法のユーザーとしての市民のアクセサリビリティー、
司法における構造的弱者(居ないことになっている・・・)、
狭義の司法とADR、
法化と行政化の関係、
などなど、様々な論点と関わっているし、
具体的な制度との関係でも議論しなくてはいけない。

という当たり前のことをとある座談会に参加して痛感した。

|

« 声楽のレッスン(10/24) | トップページ | SUGOCA: 九州は、すごか〜 »

大学」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34806/16907405

この記事へのトラックバック一覧です: 法的世界 : legal reasoning とlayman's reasoning:

» 裁判員制度広告はリスク管理失格 [天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳]
 浜岡原発訴訟で原告前面敗訴の判決が言い渡されました。この訴訟では、結審後に中越沖地震による柏崎刈羽原発の大被害が起きたことで、その影響が判決に及ぼす影響も注目されましたが、判決では反映されませんで...... [続きを読む]

受信: 2007/10/29 22:25

« 声楽のレッスン(10/24) | トップページ | SUGOCA: 九州は、すごか〜 »