« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007/10/31

SUGOCA: 九州は、すごか〜

報道によると
九州は、SUGOCAだそうです。
「Smart Urban GOing CArd」
ちなみに・・・

続きを読む "SUGOCA: 九州は、すごか〜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/29

法的世界 : legal reasoning とlayman's reasoning

法とは何か、法的推論は、法哲学の重要なテーマの一つ。
抽象的な、場合によっては、衒学的な装いをもってしまうことも多いのだが・・・

続きを読む "法的世界 : legal reasoning とlayman's reasoning"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/10/28

声楽のレッスン(10/24)

発声のあと、
トスティのTristezzaと、Chanson de l'adieux
練習していた Senza Manma は、ちょっと箱に入れておいて(ははは)、
『ラ・ジョコンダ』よりVoce di donna o d'angelo を・・・

首尾はと言えば、

続きを読む "声楽のレッスン(10/24)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/26

私見・名古屋オリジナル?

二週間ぶりの名古屋。
離れてみると、行ってみたいところが、できたり…
急いで帰るのがもったいないような…ひとりでも行ってみようかしらん。
以下、私見・名古屋オリジナルです。

続きを読む "私見・名古屋オリジナル?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/20

お散歩:落合〜高田馬場〜目白台へ

中落合で用事をしたあと、目白台までお散歩。
お天気が良くて、さわやかでした。
くるくると、街の様子が変わっておもしろい。
弁財天、氷川神社、都電の横を通って、学習院大、千登勢橋、目白台、日本女子大学と歩きました。
写真も少しだけ・・・

続きを読む "お散歩:落合〜高田馬場〜目白台へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑会合唱団 in 日本女子大・目白祭

日本女子大の大学祭・目白祭でのステージ。
Midorikai1
成瀬記念講堂、木造の素敵な講堂。
天使にラブソングをから一曲、
サッカーに寄せて、
鴎、
戴冠ミサからDona nobis pacem 、
そして、ジャズアレンジの団歌 でした。

歌の方は・・・

続きを読む "緑会合唱団 in 日本女子大・目白祭"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/10/17

研究会: 連邦制について in 神奈川大学

(社)行革国民会議の理事・事務局長の並河信乃氏をお迎えして、研究会が行われた。
(地方分権ではなく)地方主権の観点から、連邦制の具体的な制度設計についての報告であった。
1994年にまとめられた日本連邦構想のお話しを中心に、新しい財政調整制度や、今後の展望について、お話しいただいた。
理念や社会構想のレヴェルでぶれることなく、制度設計と、その実現のための道筋を論じておられ、非常に興味深かった。

その中でも、特に印象的だったのは、以下の二点

続きを読む "研究会: 連邦制について in 神奈川大学"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯が使えない

今朝から、携帯の充電が出来なくなってしまいました。
線でつないでいると、使えるのですが・・・
それでは携帯とは言えないのではないかと・・・・
トホホ系の話題は、MIXIのつもりだったのですが、ついつい書いてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

event: 中国消費者紛争処理シンポ

11月初旬に、中国から研究者と裁判官をお迎えし、京都と東京、そして札幌でシンポジウムを開催します。

京都では11月3日(土)の午後、京都産業大学との共催で京都大学コンソーシアム内で行われ、中国消費者訴訟の現状と問題点が紹介される。
東京では11月4日(日)の午後、アルカディア市谷にて、日弁連法務研究財団研究会の共催で行われ、中国消費者法について、民法、行政法、訴訟法、そして訴訟実務の観点から講演が行われる。
さらに11月6日は札幌で講演、研究会が行われる。

東京では先着70名と限りがあるが、参加ご希望の方はお名前、ご所属、連絡先メールアドレスを明記して、事務局の町村氏のメール送信所からメールされるか、あるいはここのコメント欄で参加表明してくださると助かります。

詳しくは、続きをどうぞ。

続きを読む "event: 中国消費者紛争処理シンポ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/14

愛知県配偶者からの暴力防止及び被害者支援基本計画(2次)策定検討会議

愛知県で、配偶者からの暴力防止及び被害者支援基本計画(2次)策定検討会議が始まった。
平成17年12月に本県で策定した「配偶者からの暴力防止及び被害者支援基本計画」の完成年度を控えての二次プランの策定である。
DV防止法の改正、先日の長久手町の立てこもり事件などを受けての改訂作業になる。

第一回目は、これからの会議の進め方をご確認・ご承認いただいた後、二次プランのねらいや柱、体系、記載方法、計画年度について、審議した。
第一回目は、事務局からの説明がどうしても多くなってしまう。
委員からは、一次プランができて、具体的なDV対応の場面では、違いが感じられない、という生の声も寄せられた。

続きを読む "愛知県配偶者からの暴力防止及び被害者支援基本計画(2次)策定検討会議"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/12

event : 女性研究者育成キックオフシンポジウム

千葉大学女性研究者育成キックオフシンポジウム
基調講演   
  「大学における男女共同参画の実現を目指して」板東久美子(内閣府男女共同参画局長)
     座長:宮崎 清(千葉大学理事)
千葉大学モデルの紹介 16:20〜16:40
   「支援循環型体制による女性研究者育成モデル」森 恵美(千葉大学看護学部長)
パネルディスカッション 16:40〜18:00

開催日時:平成19年10月29日(月)15:00〜18:00
場所:千葉大学けやき会館 大ホール
ポスター:こちらからダウンロードして下さい。
事前登録不要(懇親会と保育室は申し込みが必要です)・参加費無料
終了後、アンケートを回収しますのでご協力をお願い致します。
詳細は、こちら

文科省の科学技術振興調整費による事業だが、その他にもCOEや、いわゆる大学院GPなどでも、女性研究者支援のプログラムが展開され、
各大学で、女性研究者の育成について、様々なモデルが提示されている。
例えば、

続きを読む "event : 女性研究者育成キックオフシンポジウム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/09

紫式部とキンモクセイ

紫式部とキンモクセイ
秋の花や実もようやく〜

朝、窓を開けるととても良い香り。
枝ぶりからいうと逆さまなのですが、お流れ(?)ということで、お許し下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/06

lecture:  「大量増員時代の生き方

神奈川大学大学院法務研究科主催講演会・パネルディスカッションのご案内
日時: 2007年10月10日(水)18:00〜20:30
場所:神奈川大学 横浜キャンパス 16号館地下1階視聴覚ホールB
■講演  「大量増員時代の生き方 — 弁護士過疎地のオンリーワン」
講師 弁護士 田岡直博氏
  (前岩手県宮古ひまわり基金法律事務所所長)
■パネルディスカッション
 「弁護士過疎解消と地域密着型法科大学院の役割」
パネリスト
田岡直博氏(第2東京弁護士会)
阿部浩己氏(神奈川大学法務研究科委員長)
パネリスト・進行役
  間部俊明氏
(日弁連裁判官制度改革・地域司法計画推進本部副本部長 /
神奈川大学法務研究科教授 )
■映画  「今、弁護士は — ひろがる弁護士の活動」
   (製作第22回司法シンポ実行委員会)  
どなたでもご参加いただけます。学内・学外を問わず、
興味のある方はぜひ、ご参加ください。とのことでした。
趣旨など、詳しくは、こちら

続きを読む "lecture:  「大量増員時代の生き方 "

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/10/03

お花の後は、実りの季節

すっかり、秋です。
ちょっと寂しい秋の庭ですが・・・
お天気も今ひとつ〜
Akinoniwa



お花もなくて、ちょっと寂しい。
やっぱりお花の後は、実でしょう・・
Natsumikan

色づくのを待ってます。
マーマレイドがおいしいの・・・
あ、もう色づいたのがありました

続きを読む "お花の後は、実りの季節"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

裁判員選任と個人商店主

Matimulog 経由で知ったのだが、
報道によると、東京地裁で選任手続も含め、裁判員制度を前提として模擬裁判が行われたそうだ。
裁判長は、選任手続について、「個人商店の候補者は裁判員制度に参加していただくのがなかなか難しいと感じた」と、感想を語った、とのこと。

続きを読む "裁判員選任と個人商店主"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

book : ブラックペアン1988

海堂尊『ブラックペアン1988』

是までの作品と同様、テンポ良くすすむ。
ついつい、おしまいまで読んでしまった・・・
現役医師が書いたミステリーと、帯にあったが、その通り・・・
『チーム・バチスタの栄光』、『ナイチンゲールの沈黙』、『ジェネラル・ルージュの凱旋』と、今作と、その度合い(医師度?)が高まっているかも。
ちなみに、ペアンとは、コッヘルと並んで、手術の時に止血のため使う鉗子のこと。
どうして、ブラックなのかは、読んでのお楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »