« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007/09/30

news : 離婚・相続の当番弁護士--家事調停と専門家

報道によると、

大阪弁護士会では、10月1日から、全国で初めて、離婚や相続問題で「当番弁護士」 をスタートさせる。
大阪家裁と同堺支部・岸和田支部の事案に限る。無料相談(30分)は平日午後1〜4時、大阪弁護士会館(大阪市北区)などで。問い合わせは専用電話(06・6364・5021)へ。

続きを読む "news : 離婚・相続の当番弁護士--家事調停と専門家"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

news : 男女平等意識に関する調査

報道によると
男女の地位が平等だと感じている人の割合が20.9%と過去最高を更新。
しかし、調査を始めた95年から1.4ポイントしか増えておらず、内閣府男女共同参画局は「女性の社会進出を促す施策を進めてはいるが、劇的に改善するのは難しい」としている。
また「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきだ」という考え方に「反対」と答えたのは52.1%で初めて過半数になった。

29日に発表された内閣府が1995年から続けている調査(男女共同参画に関する世論調査)によるもの。
これまでの結果については、既にWEBで公表されている。
こちら、

続きを読む "news : 男女平等意識に関する調査"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ER 緊急救命室


シカゴのクック郡立病院を舞台にしたテレビドラマシリーズ。
1st シリーズの放映は、1994-5年ということなので、
今から12〜3年前。

続きを読む "ER 緊急救命室"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/28

旧60期・新規採用女性率

新規採用者にしめる女性割合(旧60期)。
    1397人のうち、女性335人(24%)
判事補任官・・・52人中18人(34.6%)
検事任官・・・71人中25人(35.4%)

いずれも、全体の女性率より、高率。
   裁判官14.2%,弁護士13.0%,検察官10.2%(男女共同参画白書 平成19年度版)
他の分野に比べ、順調に進んでいると言われている司法分野の状況が現れている。

法務省の発表

続きを読む "旧60期・新規採用女性率"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/27

lecture: 「性暴力加害と被害を考える」

NPO法人 フェミニストサポートセンター・東海 主催 講演会
   〜性暴力加害者治療教育の最前線を知る
タイトル: 「性暴力加害と被害を考える」

性暴力については、被害者についてもそして加害者についても、なかなかその実態を知る機会がありません。
アメリカ合衆国のメーガン法などをモデルにして、日本でも様々な動きが始まっています。
まずは、偏見や思いこみなく、実態を知ることがなにより必要です。
たくさんの実務経験をお持ちの研究者である藤岡淳子さんをお迎えした、
とても、興味深い講演会です。
是非ご参加ください。

日時:10月13日 (土) 10:00−12:00
会場 : 名古屋市男女平等参画推進センター
(つながっれとNAGOYA) 地下鉄鶴舞線鶴舞公園下車徒歩3分
参加費 :1,000円 (資料代含む)
定員 :50名 (先着順 できるだけ事前にお申し込みください。)

お申し込み : フェミニストサポートセンター・東海(月火木金 10:00-16:00)
Tel&Fax 052-979-0350 Mail noan@viola.ocn.ne.jp

詳しくは、主催者・フェミニストサポートセンター東海の北仲さんからのご紹介を転記します。

続きを読む "lecture: 「性暴力加害と被害を考える」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/09/25

記念日じゃなくても・・・・

記念日じゃなくても、
オレンジと黄色、元気の出る色。
ありがとうございます。
お花は、いついただいても、とってもうれしい。
お裾分け(?)というのは、変だけど・・・

続きを読む "記念日じゃなくても・・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/09/23

concert: 東京スコラ・カントールム 第49回定期・慈善演奏会

東京スコラ・カントールム 第49回定期・慈善演奏会
ルネサンス期イギリスの聖堂の響き
...イートン・クワイアブックのポリフォニーから国教会アンセムまで
日時 : 2007年11月3日(土・祝日) 17時開演(16:30開場)
会場 : 日本基督教団東京山手教会 (渋谷駅より徒歩5分)
指揮・独唱 : 青木洋也
リコーダー : 山岡重治、森吉京子、高橋明日香、安藤由香
合唱 : 東京スコラ・カントールム
曲目は、

続きを読む "concert: 東京スコラ・カントールム 第49回定期・慈善演奏会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/21

歌舞伎見物

先日、歌舞伎見物してきました。
少し前に、さるお方のお世話をしたので、
そのお礼・・・ということで、ご招待いただきました。
ありがとうございます。
演目は、
一、壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)阿古屋
二、新古演劇十種の内 身替座禅(みがわりざぜん)
三、秀山十種の内 二條城の清正(にじょうじょうのきよまさ)

詳しくは、こちら

続きを読む "歌舞伎見物"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/20

第10回 全国シェルターシンポジウム2007

DV根絶国際フォーラム・第10回 全国シェルターシンポジウム2007
The Massage From Asia for Eliminating Violence Against Women.
International Forum Of DV ELIMINATION・
The 10th National Shelter Symposium 2007 in Makuhari Messe & OVTA
     が開催される。

テーマは
 NO MORE DV
    ノーモアDV: 女性への暴力根絶。アジアからの発信
日時 2007年 11月23〜25日
場所 幕張メッセ国際会議場
        OVTA 国際能力開発支援センター
主催 NPO法人全国女性シェルターネット

詳細は、こちら
参加申し込みは、こちら

続きを読む "第10回 全国シェルターシンポジウム2007"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/09/18

Book : ロスト・チャイルド

桂美人著『ロスト・チャイルド』

なにしろ題材がとてもおもしろい。
生命工学と人間の老いと病気。
法医学と、生殖補助医療と、外事と、SATと・・・

最初から、予想外の展開で、引き込まれてしまった。

続きを読む "Book : ロスト・チャイルド"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/15

演劇: 命−特攻隊の青春

御神輿のあと、小さな劇場での公演を観にいきました。
特攻隊を題材にした演劇です。Inochiomote

続きを読む "演劇: 命−特攻隊の青春"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋祭 in 阿佐ヶ谷

あちこちで、秋祭りが行われている。
今日は、知り合いの演劇を見に来た阿佐ヶ谷で、御神輿に遭遇。
秋祭阿佐ヶ谷
阿佐ヶ谷駅の前には、盆踊りのやぐらがありました。

続きを読む "秋祭 in 阿佐ヶ谷"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/14

『シュトラウベ先生の音楽に触れる会』に参加しました

スコラ
東京スコラカントールム主催の合唱ワークショップに参加しました。

レッスン曲は、
  J. ブラームス 『ドイツ・レクイエム Ein Deutsches Requiem』より4番
  『ドイツ民謡集 Deutsches Volkslieder』より『静かな夜に In stiller Nacht』
   W. バード 『アヴェ・ヴェルム Ave Verum』

すばらしいレッスンでした。

東京スコラカントールムの団員の他、
慶應の学友会、早稲田大学・日本女子大室内合唱団の方々、
団員の知り合いなど、約60名の参加でした。

続きを読む "『シュトラウベ先生の音楽に触れる会』に参加しました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国連、先住民の権利宣言採択

国連広報センターによると

13日、国連総会は本日、先住民の権利宣言を採択した。
投票行動の内容は、賛成143、反対(オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、米国)、棄権11。

続きを読む "国連、先住民の権利宣言採択"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/12

Kitara とアプローチ

Kitara は、札幌の中心部にある音楽ホール。
中島公園の中に建っているので、アプローチがとっても素敵。
大好きなホールです。

続きを読む "Kitara とアプローチ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

concert : ロリン・マゼール in Kitara

<Kitara10周年記念コンサートシリーズ>
ロリン・マゼール指揮
         トスカニーニ交響楽団
         ピアノ/ユンディ・リ

ベートーヴェン:序曲 「レオノーレ」 第3番 作品72b
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲 第2番 ト短調 作品16
ブラームス:交響曲 第1番 ハ短調 作品68
キタラ

続きを読む "concert : ロリン・マゼール in Kitara"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/09/11

東京タワーとゴジラ?

東京タワーとゴジラ?
森ビルから携帯で写したのだけど、ゴジラでも出てきそうな…
ライトアップの時は、周りにたくさん光るものがあって、目立ちませんね。
地上に降りて、夜空をバックにしたほうが素敵でした。

タワーとしては、遠くからも視界が開けて見えるエッフェル塔や札幌のテレビ塔の方が好み。
エッフェル塔は、ライトアップが時刻で変わって素敵でした。

でも、ビルと背を並べている東京タワーも、キュートかも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/09/10

le Corbusier 展  

森美術館に「ル・コルビュジェ展−建築とアート、その創造の軌跡」を見てきた。

続きを読む "le Corbusier 展  "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

基礎法の教員と六法

事務方から、「三省堂から依頼を受け、六法送付リストを作っているところだが、原則として基礎法(法哲学・法制史・法社会学など)の教員ははずすようにとありますが、どうしますか?」と聞かれた。
なんとなく、憮然としてしまった。
初年度教育でも、ゼミでも、ロースクールの講義でも、あるいは研究上も、
六法使うのだけれど・・・・
まぁ、販売戦略上は、そういうものなのかなと思いますが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

声楽レッスン

発声の後、
Tosty 「Torment」、「Tristezza」、「Preghiera」と歌い、
Puccini  『修道女アンジェリカ』から「Senza mamma」 をみていただく。

続きを読む "声楽レッスン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/08

炭火でサンマ

今年もサンマの季節到来です。
隣に住んでいる姪が、お友達とサンマパーティー。
お裾分けいただきました。ありがとう〜
油がのって、とってもおいしい〜
ししゃもも、とってもふとっていて、美味でした。
台風一過で、真夏のような暑さでしたが、夕方になってようやく出てきた風が心地良いです。
写真は、ありません。
食べちゃいました・・・・悪しからず。
ご参考まで・・・去年のサンマは、こちら。同じくらい立派なサンマでした。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/06

台風9号

台風台風
台風9号です。
宿舎の前の道路も、高潮の危険から一部通行止めになりました。

続きを読む "台風9号"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/05

ゼミ合宿

ゼミ合宿
二泊三日でゼミ合宿に来ています。
宿舎が、海のすぐそばなので磯の香りがいっぱいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェンダー法学会 第五回学術大会

ジェンダー法学会第五回学術大会
2007年12月8日(土)・9日(日)
場所 文京学院大学

8日 シンポジウム1 「生殖補助医療とジェンダー」午後1時〜
      懇親会
9日 個別報告 9時半〜
       総会
       シンポジウム2 「ジェンダー法の可能性〜ジェンダー概念をてかがりに」 2時〜

このほかに、学会プレ企画も予定されています。
個別報告のテーマ・報告者は、

続きを読む "ジェンダー法学会 第五回学術大会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/04

ぎゃぁ〜

ぎゃぁ〜
これって、チャドクガですよね、きっと。
玄関脇の椿です。
一昨日までは、なんでもなかったのですが・・・

続きを読む "ぎゃぁ〜"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/09/01

警察にDV相談していた妻が夫を殺害し、自首

報道によると
妻は今月4日、「3年前から、夫に殴るけるの暴行を受けている」と警察署を訪れて相談。署員から「被害届を出せば捜査する」と説明されたが、「そこまでしたくない」とためらい、その後は来なかったという。
これに対して、署長は「相談時に助言しており、対応は適切だった」・・・・

その結果、妻が夫を絞殺してしまった。

続きを読む "警察にDV相談していた妻が夫を殺害し、自首"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

book : パール判事−東京裁判批判と絶対平和主義

中島岳志『パール判事−東京裁判批判と絶対平和主義』

このところ、各方面で取り上げられているパール判事だが、この本を読んでみて、「知らない」ということは、恐ろしいことだと思った。
東京裁判の判決書、その背景にある法哲学、またその後の四度の訪日時の一貫した発言について紹介するとともに、冷静な分析を行っている。さらにそれらの検討に基づき、戦後「日本無罪論」というタイトルでの紹介について、批判している。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »