« 演劇: 命−特攻隊の青春 | トップページ | 第10回 全国シェルターシンポジウム2007 »

2007/09/18

Book : ロスト・チャイルド

桂美人著『ロスト・チャイルド』

なにしろ題材がとてもおもしろい。
生命工学と人間の老いと病気。
法医学と、生殖補助医療と、外事と、SATと・・・

最初から、予想外の展開で、引き込まれてしまった。

ただ、せっかくのおもしろくて、広がりのある題材が、十分こねられていない気がした。
結末も、始まりから中盤にかけてのテイストとは、違っていて、あらら・・という感じ。
展開も、ちょっと安易というか、強引なところもみられるし、説明不足のところもあった。

でも、魅力的な登場人物も多く(おおすぎかも・・・、サイドストーリーだけでかなりの本がかけそう)、スピード感もあって、一気に読んでしまった。いろいろと想像をかき立てる内容。

まぁ、主要な登場人物がほぼ全員美男美女で、しかもかなりのセレブ、というのは、どうかなぁとおもったり、そのセレブ達がまた相互に関係しているというのは、やや強引かなとおもったり、いえいえ下々が知らないだけで、ハイソな皆さんは相互にご関係が深いのかも。

|

« 演劇: 命−特攻隊の青春 | トップページ | 第10回 全国シェルターシンポジウム2007 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34806/16482419

この記事へのトラックバック一覧です: Book : ロスト・チャイルド:

« 演劇: 命−特攻隊の青春 | トップページ | 第10回 全国シェルターシンポジウム2007 »