« 巴旦杏 | トップページ | 日本もようやくICCへ加盟 »

2007/07/14

仲裁ADR法学会第三回大会

個別報告の途中からの参加。
シンポは、基礎法の観点からも、とても興味深かった。
もう少し、時間があると、よかったのに・・
一つ一つのADR機関だけではなく、機能としてのADRを狭義の司法手続きやその方の社会システムの中で、位置づける必要性を痛感。
そのような位置づけ(の確認)がここの制度設計や解釈にも影響があることを改めて、確認した。

詳しくは、後ほど・・・

|

« 巴旦杏 | トップページ | 日本もようやくICCへ加盟 »

研究会・学会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34806/15753010

この記事へのトラックバック一覧です: 仲裁ADR法学会第三回大会:

« 巴旦杏 | トップページ | 日本もようやくICCへ加盟 »