« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007/07/29

混声合唱のためのワークショップのご案内

私がお世話になっている合唱団
東京スコラカントールム主催の混声合唱のためのワークショップのご案内です。

ドイツから、イェルグ・シュトラウベ氏をお招きし、混声合唱のためのワークショップを開きます。
日程は、9月13日午後2時〜7時までです。
曲目は、ブラームスのドイツレクイエムの4番、他小品です。

是非、ご参加ください。
お問合せ先は、 schola@gol.com です。

シュトラウベ先生のご紹介や
詳しくは、下記です。

続きを読む "混声合唱のためのワークショップのご案内"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/25

東京スコラカントールム合宿 in 河口湖 に参加してきました

先日、東京スコラカントールム合宿から帰ってきました。
日頃なかなか練習に参加できないので・・・
なんとか練習の遅れを取り戻そうと、頑張ってきました。

体調が今ひとつなのが、残念でしたが・・・・とても楽しくて、有意義でした。

あ、東京スコラカントールムでは、現在団員を募集しています。
宗教曲を歌う団体ですが、私のような非キリスト者も含め、楽しく練習してます。
練習を見学して下さると、すぐにわかることですが、わきあいあいと楽しく、そして真剣に練習してます。
お楽しみ会(ビール会・お花見会などなど)も、とっても楽しいですよ。
ご関心の或る方は、是非、練習をのぞいて見て下さい〜。
Photo
練習前のひととき

続きを読む "東京スコラカントールム合宿 in 河口湖 に参加してきました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社会倫理研究奨励賞 by 南山大学・社会倫理研究所

名古屋にある南山大学の社会倫理研究所により、
若手研究者なよる社会倫理分野のすぐれた研究に対して「社会倫理研究奨励賞」が贈られるとのことで、
なかなか渋いボスターその他の書類を送っていただきました。

いわゆる応用倫理学の論文が対象になるようですが、
その方法論に関しては、限定せず、学術性とアクチュアリティの両軸ですぐれた研究全てを審査対象とする、とあります。
ので、法学畑のみなさんの作品も、対象となりますね。

審査対象となる著作物
     2006年12月1日〜2007年11月30日までに、日本語で交換された論文
締め切り  2007年12月10日(随時受け付け)
応募資格    原則として公刊時40歳未満
副賞   30万円

自薦・他薦両方ともOKで、
応募用紙は、下記のWebからたどってダウンロードできます。
詳しくは、こちら

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/07/22

東京スコラカントールム合宿 in 河口湖

昨日から、東京スコラカントールムノ合宿で、河口湖に来ています。
昨年5月から参加している合唱団ですので、
初めての合宿です。
新宿から「かいじ」で、大月へ
東京スコラカントールム合宿 in
その後は、こんなキュートな電車で、河口湖に着きました。
東京スコラカントールム合宿 in
合唱の家おおばさん
東京スコラカントールム合宿 in

都会の喧騒を離れて、とてもいい気持ちです。

お天気は、いま一つですが、
楽しい合宿になりそうです。
練習も、お食事も、おしゃべりも楽しい・・・
といっても、

続きを読む "東京スコラカントールム合宿 in 河口湖"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/07/18

日本もようやくICCへ加盟

昨日、ICC 国際刑事裁判所の加入書を提出した。
http://www.asahi.com/politics/update/0718/TKY200707180140.html

1998年に設立条約(国際刑事裁判所ローマ規定)の採択の時には、
アメリカ・中国・イスラエル他が、反対しており、成立が危ぶまれたし、
発効のためには、60カ国の加盟が必要なことから、発効まで20年はかかるのでは、と言われてきたICC。
でも、僅か4年後の2002年には、66ヵ国の加盟を得て、ハーグに設置されました。

日本の加入がここまで遅れた原因は、
この裁判所の設立の時から反対し、
加入の国に対する経済支援の停止というか、経済制裁(?)をちらつかせ、
免責協定の締結を打診してきた同盟国アメリカへの配慮、
国内法の未整備など が指摘されているが・・・

ともあれ、捜査協力や引き渡しに関する関連国内法の整備をすませ、
ようやく105番目の加盟国となった。
また、大拠出国として全体の22%に当たる年約30億円程度を負担するほか、
12月に行われる裁判官補欠選挙に斎賀富美子・人権担当大使が立候補し、人的貢献も目指す、
ということでした。

ICC・国際刑事裁判所について、詳しく知りたい方は、

続きを読む "日本もようやくICCへ加盟"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/07/14

仲裁ADR法学会第三回大会

個別報告の途中からの参加。
シンポは、基礎法の観点からも、とても興味深かった。
もう少し、時間があると、よかったのに・・
一つ一つのADR機関だけではなく、機能としてのADRを狭義の司法手続きやその方の社会システムの中で、位置づける必要性を痛感。
そのような位置づけ(の確認)がここの制度設計や解釈にも影響があることを改めて、確認した。

詳しくは、後ほど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巴旦杏

「はたんきょう」 と読みます。
 写真が下手で残念です。
巴旦杏

酸味がなく、とっても甘い〜
おいしいです。
大きさも、お店のソルダムに負けない大きさです。
ほんとうは、もっとたくさんあったのですが、ついついたべてしまいました。
木の上で熟したので、ほんとの完熟です。
柄の長い虫取り網というか、魚を救う網のようなもので、木の上からそうっ〜と掬うみたいにとります。
下から見ると、まだ青いのがのこっています・・・
楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/12

キャンドルクラフコンテスト2007のおしらせ

キャンドルクラフコンテスト2007
7.9(月)から15(日)会期中無休 11時から19時(最終日16時まで)
ギャラリー砂翁にて

高校時代の友人が、Handmade Candle YU*LA*LAで出展しています。
ご来場の方には、ミニキャンドルのプレゼントがあるそうですヨ。
友人のWeb Site は、ここです。
精巧なキャンドルは、そのままでとても素敵、でも明かりをともすと、もっとずっと素敵なんですよねっ。
私も是非行こうと思ってます。
詳しい場所は・・・Cccontest0701jpg

続きを読む "キャンドルクラフコンテスト2007のおしらせ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/10

公演:合唱組曲 とべないホタル

愛知県日進市(日進市民会館 大ホール)で、7月8日(日)、午前11時と午後2時からの二公演でした。
主催は、親と子のみどりの杜合唱団です。
合唱団の名前にあるとおり、親と子、大人と子供が一緒に舞台を創っています。
公演:合唱組曲 とべないホタル
一週間前にはチケットの売れ行きが心配されていたのですが、
蓋を開けてみると、両公演ともほぼ満席。
合計1400人の皆さんにご来場頂きました。

えっ、私ですか、でましたよ・・・
この世界(?)に足をふみいれたきっかけになった作品でもあり、
8年間の愛知県での生活を物心両面で支えてくださった皆さんとの舞台ですから・・・

続きを読む "公演:合唱組曲 とべないホタル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/06

DV防止法、第二次改正

参院法
昨日7月5日、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律の一部を改正する法律案が、衆議院で可決された。
平成13年の成立以後、付則に沿った、二度目の改正である(一度目は16年)
施行は、早ければ来年1月の予定。

主な改正点は、下記の5点。

続きを読む "DV防止法、第二次改正"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

法廷傍聴: 南京中級人民法院 2

 案内してくれた先生の解説によれば、事案は外資企業からの売買代金請求で、5万ドルが訴額とのこと。
書記官の事件紹介の後、両当事者・代理人が、立ち上がって、裁判官(三人)を迎える。

裁判官の発言の後、原告・被告がそれぞれ口頭で弁論。
その後、証拠の交換、証人の尋問と進んだ。

続きを読む "法廷傍聴: 南京中級人民法院 2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »