« 日本人女性の作ったワイン | トップページ | 上海浦東空港 »

2007/06/26

研究会: 第6回東アジア法研究会

上海を舞台に、アジア法に興味を持つ研究者・実務家を対象にして、開催されてきた『アジア法研究会』(日中法律家研究交流協会)も、発足後1年が経過し、第六回の研究会を迎えた。

今回は、7月14日(土)14:00〜17:20
場所は、名古屋大学上海事務所
研究会後は、懇親会(参加費は無料)も予定されている。

詳しくは下記のお知らせから

第6回アジア法研究会開催のお知らせ

 日本法に関心をもつ法学研究者・法実務家の皆さんへ!

 上海は大変暑いですが、お元気のことと思います。
 さて、われわれのこのアジア法研究会も、皆様のおかげで満一歳になりました。ここ数回は、中国人報告者による報告も毎回あって、その中で日中間の比較法文化論的な興味深い問題を発見することができました。内容的に充実した研究会になってきている、本研究会は順調な発展を遂げていると考えてよい、この研究会の発起人一同はこのように考えて、大いに喜んでおります。
 今後とも活発なご参加と、ご協力をお願いします。
 ところで、来る7月14日(土)には、第6回の定例研究会を行う運びになりました。報告者のひとりは、前回報告希望を表明していただいた朱宝玲さんです。報告内容は、以下の予定です。
 報告については、今後もさらに積極的にご応募いただきたいと思います。
 というわけで、7月14日(土)の研究会には、多くの方のご参加をお待ちしております。
 また、この案内状をお知り合いの方で、この研究会に関心をもっていただけそうな人に転送していただければ幸いです。また今後案内状の送付は不必要という方も、今井(h,imai@kt6.dion.ne.jp)の方へお申し出下さい。

2007年6月
日中法律家研究交流協会 
理事長 今井 弘道・法哲学
(北海道大学大学院法学研究科教授、東アジア法哲学会理事長)
副理事長 末永 敏和・商法
(大阪大学大学院法学研究科教授、弁護士 法人淀屋橋・山上合同顧問弁護士)
事務局長・理事 宇田川幸則・中国法
(名古屋大学法政国際教育協力研究センター助教授、名古屋大学上海事務所副所長)       

と き   2007年7月14日(土) 14:00〜17:20
ところ  名古屋大学上海事務所
  (上海市徐匯区淮海西路55号 申通信息広場27階D座(淮海西路と華山路の交差点の西南角)

プログラム
14:00〜 開会の辞、末永敏和・副理事長
13:40〜 報告(1)・質疑 
「市場における「不平等」の正当化」モデルとその問題性・試論
            −−前回の議論の整理のために−−」 今井弘道
14:40〜 報告(2)・質疑 「三角合併の問題点について」
 朱宝玲(天津財経大学/日興コーディアル)
15:50〜 報告(3)・質疑 「中国企業の日本の証券取引所への上場について」 末永敏和
16: 50〜 事務的打ち合わせ
17:00  閉 会
   
〔研究会終了後、懇親会(会費は無料)の開催を予定しております。詳細は、追って連絡します〕
お問い合わせ先 宇田川幸則(事務局)
+81-90-65813782
udagawa@nomolog.nagoya-u.ac.jp


連絡先(報告希望の申し出やご提案はこちらへメールでお願いします) 
名古屋大学上海事務所
 URL: http://www.nushanghai.provost.nagoya-u.ac.jp/leaflet20060116.pdf
Tel/fax +86-21-6280-6185

|

« 日本人女性の作ったワイン | トップページ | 上海浦東空港 »

研究会・学会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34806/15566860

この記事へのトラックバック一覧です: 研究会: 第6回東アジア法研究会:

« 日本人女性の作ったワイン | トップページ | 上海浦東空港 »