« 我が家の庭でサンマパーティー | トップページ | コーネル大学式ノート作成方法 »

2006/10/23

乳児の脳手術拒否、両親親権を家裁が停止

読売新聞によると、
 脳に病気を持って生まれた乳児の手術を宗教上の理由で拒否した両親に対し、大阪家裁が昨年、児童相談所の請求から約1週間後、「親権の乱用」として親権停止の保全処分を認めていたことがわかった。医師が一時的に親権代行者となって手術を実施した。手術は成功し、乳児はその後、親権を回復した両親の元で育てられている。
ということである

通常は一ヶ月程度かかる親権の停止手続だが医師が親権代行者を引き受けたため、短期間で決定。

同じく、報道によると・・・
 関係者によると、乳児は昨年、関西地方の病院で誕生した。脳に異常が見つかったが、両親は「神様にお借りした体にメスを入れられない」と手術を拒み続け、自宅に連れ帰ろうとした。
 乳児の治療には親権者の同意が必要とされるため、病院は「養育放棄(ネグレクト)に当たる」として、大阪府内の児童相談所に虐待通告を行い、相談所は同家裁に親権停止の保全処分などを請求した。
 同家裁は、早期に手術しないと生命に危険が生じたり、重い障害が残ったりする可能性が高いと判断。請求後約1週間で保全処分を認めた。手術後、児童相談所は申請を取り下げ、親権を両親に戻したという。

|

« 我が家の庭でサンマパーティー | トップページ | コーネル大学式ノート作成方法 »

児童虐待」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34806/12391549

この記事へのトラックバック一覧です: 乳児の脳手術拒否、両親親権を家裁が停止:

« 我が家の庭でサンマパーティー | トップページ | コーネル大学式ノート作成方法 »