« 警固まつり in 長久手 | トップページ | 我が家の庭でサンマパーティー »

2006/10/10

代理母出産で依頼者との親子関係をめぐって品川区役所の許可抗告

既に織り込み済みというか、予想通りですが、
10日、品川区役所が、タレントの向井亜紀さん(41)が米国の女性に代理出産を依頼して生まれた双子の男児(2)について、双子の出生届を受理するよう命じた東京高裁決定を不服として、最高裁に許可抗告しました。

下記のような点で、注目しています。

報道によると、東京高裁決定(9月29日)では、
「民法制定時に想定されていないからといって、人為的操作による妊娠、出生すべてが法秩序に受け入れられない理由にはならない」と指摘。現状では子供たちは日米両国の法制度のはざまに立たされており、「向井さん夫妻に養育されることが最も子供の福祉にかなう」と柔軟に判断し、国内でも米国の裁判結果の効果が生じると結論づけました。

家事事件での司法の役割について、明確な自覚をもった決定だったが、
さて、最高裁がどう判断するのか。

これまで、最高裁は、提供卵子による代理出産に関しては、依頼者と子供との親子関係を認めていないが、今回は依頼者の卵子による代理出産のケースです。

生殖補助医療という新しい技術の実用化を前提とした親子関係の認定について、これまで生物学的・遺伝的つながりという事実、出産・分娩という事実の両者の関係、そしてが、依頼者の意思の問題、子供の福祉という観点の関係が、必ずしも十分整理されて来ませんでした。法理論的には、やや混乱があるのでは、と思っています。
また、家事事件における司法の役割・機能についてなど、重要なポイントがたくさん含まれています。注目しています。

|

« 警固まつり in 長久手 | トップページ | 我が家の庭でサンマパーティー »

生命倫理」カテゴリの記事

コメント

incomparable bottlers Cosgrove armies,insulating carriages ...

投稿: | 2007/08/13 12:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34806/12226834

この記事へのトラックバック一覧です: 代理母出産で依頼者との親子関係をめぐって品川区役所の許可抗告:

» 向井亜紀 [http://10tyouget.livedoor.biz/index20.rdf]
向井亜紀情報満載です! [続きを読む]

受信: 2006/10/12 11:27

« 警固まつり in 長久手 | トップページ | 我が家の庭でサンマパーティー »