« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006/09/26

楽音楽座〜音の座標軸〜

***管楽器二つとマリンバによる新しいスタイルの音楽会****
先日のコンサートで、バロックオーボエの素敵な音色で冷静なリズムを刻んでくださった江崎浩司さんと、とっても柔らかな音色にうっとりしてしまったファゴットの永谷陽子さんのコンサートです。
このお二人に、三浦咲さんのマリンバが加わったお三方のアンサンブルです。
といっても、ちょっと普通のアンサンブルコンサートとは、趣が違いそうです。

なんて言っても、音楽で裁判をしてしまうっていうのですから・・・
高い音と低い音をそれぞれ、原告と被告に見立て、管のお二人が真剣なセッションを展開し、それをマリンバの三浦さんが裁判長として裁定します。

脚本と編曲を担当なさっている江崎さんによると、導入がもうすぐそこにまで迫っている裁判員制度も意識してつくられたそうです。
冒頭手続きから、証拠調べ、論告求刑、最終弁論、判決という、一連の手続きに沿って、音楽が進行するようです。

だいたいが、議論が苦手といわれる私たち日本人ですが、異なる意見をそれぞれ主張しあい、ぶつけ合い、その議論・討論の中から正義を見つけ出していくというプロセスを音楽という手段を使って、楽しみながら体験できるというのは、とても興味深いです。

是非、首都圏でも演奏会してください。
法曹関係の皆様いかがですか〜
あと、ディベートを教育現場に取り入れようという試みがいろいろなところであるようですが、そちらの関係の皆様も、いかがでしょうか〜


プログラム
協奏曲 ト長調:ヴィヴァルディ
ピアノソナタ イ短調:モーツアルト
エリーゼのために:ベートーベン
ピアノ曲「四季」より1・7・10月:チャイコフスキー
「音の高低による音楽裁判」:脚本&編曲 江崎浩司
 高い音・低い音どちらが音楽にとって重要なのか?
熊蜂の飛行「クマとハチ」:リムスキーコルサコフ
北風小僧の寒太郎「北に子象は寒かろう」福田和禾子
トルコ行進曲:モーツァルト

2006年10月1日(日)14時30分
大空町教育文化会館大ホール
全席自由 1000円
主催/女満別青少年育成事業協会・実行委員会VIVA LA MUSICA
公演/北見地区吹奏楽連盟北見支部
チケット取り扱い/問合せ/事務局:
     0152−23−3772・0157−61−3809
     大空町青少年教育文化会館

江崎浩司さんのWeb Site です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/19

東京スコラ・カントールム 第47回定期・慈善演奏会 〜日本聾話学校のために〜『大いなる祝福への目覚め』演奏会でした

無事終了しました。
昨日は、この五月から参加している合唱団の演奏会でした。
東京スコラカントールムのWeb
久しぶりの宗教曲で緊張しましたが、合唱団員のみなさんの暖かいお人柄に支えられて、とても楽しい演奏会でした。新進気鋭の指揮者の指導も、すこぶる刺激的でした。
お客様も、ほぼ満員でした。
お足元の悪い中を、ご来場くださいました皆様、ありがとうございます。

次は、11月の山あそコンサートです。独唱と重唱です。。。

続きを読む "東京スコラ・カントールム 第47回定期・慈善演奏会 〜日本聾話学校のために〜『大いなる祝福への目覚め』演奏会でした"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/09

ゼミ合宿 in 富士見高原

ゼミ合宿 in 富士見高原

二泊三日で来ています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/09/05

愛知県市町村DV担当者研修

愛知県市町村DV担当者研修
8月末から、9月にかけて、愛知県市町村DV担当者研修が行われている。
愛知県を4グループに分け、それぞれ3日間の研修。なかなかハードで本格的な研修となっている。

これは、昨年策定された愛知県『配偶者からの暴力防止及び被害者支援基本計画』に基づく、一連のDV対応事業の一環である。DV対応に関しては、実績のあるNPOフェミニストサポートセンター・東海に委託された。
目的は、相談員のスキルアップとともに、基礎自体の役割と責任を明確にした上で、県と市町村の関係を緊密にすることになある。
そのため、DV担当の相談員だけではなく、DV施策担当責任者の双方にお集まりいただいている。
私も、各一日目の午前中に講演を担当している。

続きを読む "愛知県市町村DV担当者研修"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »