« ゼミ合宿 in 富士見高原 | トップページ | 楽音楽座〜音の座標軸〜 »

2006/09/19

東京スコラ・カントールム 第47回定期・慈善演奏会 〜日本聾話学校のために〜『大いなる祝福への目覚め』演奏会でした

無事終了しました。
昨日は、この五月から参加している合唱団の演奏会でした。
東京スコラカントールムのWeb
久しぶりの宗教曲で緊張しましたが、合唱団員のみなさんの暖かいお人柄に支えられて、とても楽しい演奏会でした。新進気鋭の指揮者の指導も、すこぶる刺激的でした。
お客様も、ほぼ満員でした。
お足元の悪い中を、ご来場くださいました皆様、ありがとうございます。

次は、11月の山あそコンサートです。独唱と重唱です。。。

それてしても、ホントにオケとソリストがすばらしかったです。古楽は、楽器の音色を聴けるだけで、幸せな気持ちになりますが、今回は、連続した曲で、リコーダーとトラウベェルソの持ち替えの妙技を見せていただきました。ヴィオローネグループも、オーボエグループも素敵でしたし、おもしろい楽器もたくさん見せて(聴かせて)いただいて、幸せでした。
合唱の出来については、録音を聴いてみないと、何とも言えないのですが・・・

合唱団としては、今年一月の前回の演奏会以降、合宿も含めて8ヶ月の練習期間ですが、私は途中からの参加だったので、皆さんについて行くのが精一杯でした。

この先は、Mixiで〜

|

« ゼミ合宿 in 富士見高原 | トップページ | 楽音楽座〜音の座標軸〜 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34806/11960309

この記事へのトラックバック一覧です: 東京スコラ・カントールム 第47回定期・慈善演奏会 〜日本聾話学校のために〜『大いなる祝福への目覚め』演奏会でした:

« ゼミ合宿 in 富士見高原 | トップページ | 楽音楽座〜音の座標軸〜 »