« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006/05/29

SUICAと新幹線新横浜駅

どうもSUICAと新幹線の乗り継ぎが上手くいかない。といっても新横浜の窓口の問題かな。
今朝、SUICAで代々木駅から山手線に乗ろうとしたら、引っかかってしまった。
窓口に持って行くと、「お客さん、新横浜駅で入場したきり、出てないでしょう」と叱られてしまった。
え〜、

続きを読む "SUICAと新幹線新横浜駅"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/28

模擬裁判 in 東大五月祭

東大法学部法律相談所主催の模擬裁判「真実の行方」をみた。
題材は満員電車内の痴漢。
ストーリー自体にはそれほどのオリジナリティはなく、誰の身の回りでもおきそうな事、という設定なのだが、とにかくとっても演出が凝っていて、わかりやすいし、みていて楽しかった。
実際に演じる方たちも熱演だし、舞台後方の大きなスクリーンにプロジェクトされた映像も、音楽もとっても凝っていた。250人の所員が関わったと、説明があったが、準備はさぞかし大変だったと思う。五月祭一回だけでは、もったいない。
巡回公演を是非。お金を取っても良いかなって思う。
たとえば、最後の判決のところはペンディングにして、観客に投票してもらうとか、裁判員になったつもりで、グループワークしてもらうとか・・・いろいろできそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東大緑会合唱団 in 東大五月祭

東大の五月祭にでかけ、東大の合唱サークルの合同発表会を聴いた。
全部で9団体。編成も混声あり、男声あり、100人を超す団体から、8人程度のアンサンプルまで、またルネッサンスの宗教曲や世俗曲、邦人曲、オペラの一部など、とてもヴァラエティーに富む発表で、楽しめました。
どの団体も、それぞれ個性が豊かで、曲作りはもちろん、声作りの点でも個性的でした。
それと、素朴に驚いたのは、80人から100人超の合唱団が4団体もあったこと。最近大学の合唱団が、低調と聞いていたので・・・東大生は合唱好き? インカレサークルと言って、他大学からの参加者も大勢いるのだが・・・
あっ、一つだけ注文をつけるなら・・・

続きを読む "東大緑会合唱団 in 東大五月祭"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/22

サー・アーサー・コナン・ドイル

 の誕生日なんですね。
Conan_doyle_res


某MLの友人からのメールで知りました。

エディンバラ出身の作家としては、ロバート・ルイス・スティーブンソンと並んで、有名です。
両方とも、いかにも、エディンバラって感じがします。
私が住んでいた頃にも、ロイヤル・ミュージアムで、特別展があったし、市内観光のメニューにも登場してました。あ、今はJ・K・ローリングさんの方が有名かな。

気になって調べてみたら、

続きを読む "サー・アーサー・コナン・ドイル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/13

日本法社会学会大会 in 関西学院大学

1日目。
午前中、「法的サンクションと非法的サンクション」というミニシンポを聞いた。
これは神戸大学のCOEの若手研究者の皆さんによるもの。
法と経済学・中国法・法哲学・社会心理学という異なる領域の専門家によるコラボレーション。

続きを読む "日本法社会学会大会 in 関西学院大学"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/07

ひとつぶの涙 Donizetti

発表会(?)も、終わって、今度は何をレッスンしようかなと、いろいろと物色中。
ドニゼッティの歌曲集から、何曲かピックアップしました。

で、いろいろ歌いたいけど、とりあえずは『ひとつぶの涙』です。
19世紀の四大オペラ作曲家の一人(と思う)ドニゼッティですが、歌曲もなかなか素敵です。
それと、もう一つ同じくドニゼッティのオペラ・連隊の娘から「Convien Partir」も、譜読みしてます。でも、こっちは、ちょっと難しいかも・・・

先週から、宗教曲を歌う合唱団に入って、バッハを歌ったりしています。様式美のバッハも嫌いじゃないし、内声の楽しみがたっぷりだし、歌っていてとても気持ちがよい。でもその一方で、思いっきりロマンチックなのも歌いたくなっちゃう私には、19世紀のイタリア歌曲は、ぴったりかも・・・なんて思ってます。
合唱団は、義理の姉のお薦めではいったのだけど、とてもなごやかで、素敵な団です。合唱団については、また項を改めて・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/06

book : 現代政治理論

川崎・杉田編著『現代政治理論』有斐閣アルマ
今期から、学部・法哲学その他の講義で教科書として指定している。
実は、わたしも「フェミニズム-寄与と挑戦」という章を書いている。共著の教科書は、どうしても著者によって、方向性にばらつきがでてしまいがちなのだが、この本は、編者のお二人のお陰で、統一感がかなりある。使いやすい教科書になっていると思う。
内容的にも、日進月歩というのは、ちょっと違うが、日々進展している現代理論の分野にあって、オーソドックスなところの理解を重要視したものとなっている。形式的にもオーソドックス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/03

憲法記念日−どの条文が好きですか?

以前に講義でこの質問(好きな条文はどれ?)をしたところ、
21条の表現の自由や13条の幸福追求権が多かった。

ちなみに、私が好きなのは、第12条。
特に前段
この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

それと、第24条
婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。
2 配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。

皆さんは、どの条文が好きですか?
60年間無改正なのは不健康と思うけど、かといっておかしな方向で変えられるのは、もっと困る・・・

続きを読む "憲法記念日−どの条文が好きですか?"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »