« News: 布リサイクル事業、経産省が担い手募集 資金補助も | トップページ | 入会権判決についてジェンダー法学的観点から考える−世帯主要件と間接差別 »

2006/03/21

最高裁判決 : 入会権者を男子孫に限定するのは、公序良俗違反

以前にこのblog でも紹介した沖縄の入会権者をめぐる事件の最高裁判決(第二小法廷平成18年3月18日)がでた。
1 入会部落の慣習に基づく入会集団の会則のうち入会権者の資格要件を一家の代表者としての世帯主に限定する部分は民法90条に違反しない。
2 入会部落の慣習に基づく入会集団の会則のうち入会権者の資格を原則として男子孫に限定し同入会部落の部落民以外の男性と婚姻した女子孫は離婚して旧姓に復しない限り入会権者の資格を認めないとする部分は民法90条に違反し、無効である。

この部落の入会権団体構成員となるためには、原則として以下の二つの要件が必要。
(1)本件払下げ当時のA部落民又は明治40年から昭和20年までの間に一定の要件を満たしてA部落民と認められた者の男子孫であり,現在A区内に住所を有し居住していること
(2)上告人らがA区内に住所を有する一家の世帯主(代表者)であり,被上告人に対する届出等によってその役員会の議を経て入会したこと

本件では、この入会権団体の要件となっている慣習が公序良俗に反するとして、実質上世帯を代表する女性が入会部落の構成員たる地位の確認を求めた。

最高裁は、
男子孫要件については、以下のように判示
「専ら女子であることのみを理由として女子を男子と差別したものというべきであり,遅くとも本件で補償金の請求がされている平成4年以降においては,性別のみによる不合理な差別として民法90条の規定により無効であると解するのが相当である」。
その理由は・・・
「男子孫要件は,世帯主要件とは異なり,入会団体の団体としての統制の維持という点からも,入会権の行使における各世帯間の平等という点からも,何ら合理性を有しない。このことは,A部落民会の会則においては,会員資格は男子孫に限定されていなかったことや,被上告人と同様に杣山について入会権を有する他の入会団体では会員資格を男子孫に限定していないものもあることからも明らかである。被上告人においては,上記1(4)エ,オのとおり,女子の入会権者の資格について一定の配慮をしているが,これによって男子孫要件による女子孫に対する差別が合理性を有するものになったということはできない。そして,男女の本質的平等を定める日本国憲法の基本的理念に照らし,入会権を別異に取り扱うべき合理的理由を見いだすことはできないから,原審が上記3(3)において説示する本件入会地の入会権の歴史的沿革等の事情を考慮しても,男子孫要件による女子孫に対する差別を正当化することはできない。」

男女平等という憲法上の大原則、それに基づく民法90条の趣旨からして、当然の判断であろう。
また、入会権という慣習に基づく権利に関しては、その管理・運営に関しても、慣習にまかせるべきであるとした(世帯主要件については問題なしと判示)上で、それでも、上記男女平等の原則から逸脱することは許されない、としている点でも、評価できる。

また、上告人が入会団体への入会手続を取っていなかったという点についても、たとえ入会手続を取ったとしても、入会が期待できない場合には、「入会の手続を執っていないことを理由にその会員の地位を否定することは信義則上許されないというべきである」としている。
これも、画期的な判断ではないだろうか。
市民は、やっても無駄と考えること、結果が期待できない場合には、そのような手続をとらないのが普通ではないだろうか。
それは、金銭的・時間的なロスということもあるだろうし、精神的なロス(場合によってはPTSD?)を避けるためでもある。そういう場合に、既存の手続を満たしていないからといって、実質的な判断をしないのは、やはりおかしいと思う。その意味で、「信義則違反である」と言い切っている今回の判決は、すばらしいと思う。

|

« News: 布リサイクル事業、経産省が担い手募集 資金補助も | トップページ | 入会権判決についてジェンダー法学的観点から考える−世帯主要件と間接差別 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34806/9185573

この記事へのトラックバック一覧です: 最高裁判決 : 入会権者を男子孫に限定するのは、公序良俗違反:

« News: 布リサイクル事業、経産省が担い手募集 資金補助も | トップページ | 入会権判決についてジェンダー法学的観点から考える−世帯主要件と間接差別 »