« 中国で女性権益保護法がセクハラ・DV禁止を盛り込み改正に | トップページ | 文科省、学校評価の指針を策定へ »

2005/08/31

地雷で足を失ったゾウ・モタラが仮の義足で歩く練習を

報道によると、タイ・ランパン──タイとミャンマー(ビルマ)の国境付近の森林で1999年、木材の運搬中に地雷を踏み、左前脚の一部が吹き飛ばされたゾウのモタラ(メス、44)に、義足を装着する計画が進んでいる
とのことです。
モタラは、ゾウの保護団体が運営する、タイ北部ランパンのゾウ専門病院で治療を受けていたが、本格的なシリコンとファイバーグラスの義足をつけるために、仮義足をつけて、歩く練習や、足の筋肉を鍛えていしています。
日本でも、いろいろな方たちが、このモタラの応援をしていました。
愛知子どもの幸せと平和を願う合唱団では、合唱構成『ぞうれっしゃかやってきた』の創作や国際コンサートを通して、ゾウの専門病院へも出かたり、支援を行ってきました。
2001年にタイでの公演・ホームステイに出かけ、モタラに実際に会った団員のみなさん(大人も子どもも)は、ニュースを聞いて、喜んでらっしゃるでしょうね。
来年は『ぞうれっしゃがやってきた』の20年記念ということで、6月にオーケストラ版の上演が予定されているそうですし、2007年にはタイ・韓国に続いて、中国・南京にコンサートにでかけるそうですよ。
すごいなぁ〜
ちなみに、合唱構成『ぞうれっしゃがやってきた』(作詞 清水則雄 作曲 藤村記一郎)は、全国各地で歌われています。つい先日も、愛知県新城市で1400人の会場を満席にして、素敵なコンサートが行われたばかりです。

|

« 中国で女性権益保護法がセクハラ・DV禁止を盛り込み改正に | トップページ | 文科省、学校評価の指針を策定へ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34806/5719905

この記事へのトラックバック一覧です: 地雷で足を失ったゾウ・モタラが仮の義足で歩く練習を:

« 中国で女性権益保護法がセクハラ・DV禁止を盛り込み改正に | トップページ | 文科省、学校評価の指針を策定へ »