« 小倉城 | トップページ | 松本清張記念館 »

2005/08/07

小笠原流礼法 家元

細川家の次は小笠原家。
小笠原家って「三つ指ついてご挨拶」の小笠原流礼法の家元らしい。ご祝儀包みの額があった。これが結構おもしろい。20050807092302.jpg
お祝いをお渡しするシッチュエーションごとに、紅白の奉書を折り紙のように折ってある。五月の節句だと兜の形だったり、お餞別だと三つ赤い菱形が二列に並んでいて、その間に水引がかかっている。そのほかにも、包むものにふさわしい形で、折られている。
結婚式なら引き結び、お誕生日なら蝶結び・・・くらいなら、私でも知っていたが、こんなに種類があるとは、びっくり。豪華な水引はあんまり好きじゃないけど、こういう手作業でよろこびを表現するのって、すてきだな、と思った。
解説本があるといいのになぁって思ったけど、きっと秘伝なんでしょうね。

|

« 小倉城 | トップページ | 松本清張記念館 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34806/5352466

この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原流礼法 家元:

« 小倉城 | トップページ | 松本清張記念館 »