« 「専業主夫」急増 | トップページ | 勤労挺身隊訴訟結審 in 名古屋地裁 »

2004/09/17

入会権者は、男性に限る!?

これは、ひどいと思う
毎日新聞によると
沖縄県金武町で米軍基地用地に使われる山林の土地賃貸料(軍用地料)を 巡り、女性26人が入会権者団体を相手に「会員を男性に限り、軍用地料を女性に支払わないのは違 憲」と主張し、会員としての地位確認と過去11年分の軍用地料約8000万円の支払いを求めた訴訟の控訴審判決が7日、福岡高裁那覇支部であり、違憲であるとした一審を取り消して、逆転敗訴の判決を言い渡した。
ということである。

理由は、入会権者を男性に限るとした慣習について、「必要性や合理性はないが、公序良俗に反するとはいえない」。そしてその背景として、「女性が世帯主になるのは比較的まれで、男女同一の取り扱いをすべきことが現代社会の公序とまでは認められない」と説明した。
というのだが・・・

これは、おかしい。
まず、山林の払い下げを受け、入会権者となった1906年当時、管理団体が男性のみを権利者とする会則をつくったのが、当時の慣習に鑑みて、妥当だった、公序良俗違反とはいえない、というのは、とりあえず、そうかもしれない。
でも、現在も同じなの?・・・
男女共同参画が、国の最重要課題として、事実や慣習に基づく不平等を解消しようと言うときに、である。
また、私が一番疑問なのは、公序良俗違反ではないという判断の背景として「女性が世帯主になるのは比較的まれ」ということを持ち出している点である。
入会権者になるということと、世帯主であるということとが、どういう関係にあるのか、よくわからないが、それはさておき、
事実として、女性の世帯主が少ないということが、公序良俗違反の判断の理由・背景となるのであれば、そもそも少数者が何か(権利など)を主張することは、できなくなってしまう・・・

また、沖縄タイムスの報道では、会員資格を得るための手続きについても、主張が対立したとある。
入会権者側は、「何ら意思表示もせずに、血縁・地縁関係が存在するだけで、地位取得の権利が発生することは法理論上ありえない」と一審の判決に反論し、
原告の側は、会則には、資格審査の手続きもなく、申し込みの機会も与えられていないと主張したらしい。
この点については、判決の中でどういう扱いになっているのか、報道からは、わからなかった。

|

« 「専業主夫」急増 | トップページ | 勤労挺身隊訴訟結審 in 名古屋地裁 »

男女共同参画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34806/1455447

この記事へのトラックバック一覧です: 入会権者は、男性に限る!?:

» 入会権者ってどの会に入れる人のこと? [Matimulog]
inokenblogの入会権者は男性に限る!を読んで、正しく発音できた人は何人い [続きを読む]

受信: 2004/09/21 17:56

» arret:入会権者を男子孫に限ることと公序良俗違反 [Matimulog]
最判平成18年3月17日 1 入会部落の慣習に基づく入会集団の会則のうち入会権者 [続きを読む]

受信: 2006/03/21 08:37

« 「専業主夫」急増 | トップページ | 勤労挺身隊訴訟結審 in 名古屋地裁 »