« 二つの旧控訴院 | トップページ | 男女共同参画の課題と国際規範 »

2004/08/25

夫婦でも強制わいせつ成立 韓国で初判断

5日ほど前の報道だが、共同通信によると
韓国のソウル地裁は20日、離婚を要求していた妻 に強制わいせつ行為をしてけがを負わせた罪で起訴された夫(45)に懲役2年6月、執行猶予3年の 判決を言い渡し、夫婦間でも強制わいせつ罪が成立するとの韓国で初の判断を示した。
ということである。

 さらに判決の中では、大法院(最高裁判所)の「実質的な夫婦関係があれば夫婦間では強姦(ごうかん)罪が成立しない」との判例(1970年)について、「30年以上が経過した中で再検討が必要」と指摘した。

 日本では、男女共同参画会議が強姦罪の法定刑の引き上げを含む意見書(国際規範・基準の国内への取り入れ・浸透について)を採択したが、この中には夫婦間での強制わいせつ罪のことは書かれていない。家庭内の性的虐待として、「近親姦」を刑法の中に新設するべきとされている。

 この意見書は、女子差別撤廃条約やILOの条約などの国際規範に照らして、とり組むべき項目をまとめた物である。この意見書の内容は、別の項目で・・・

|

« 二つの旧控訴院 | トップページ | 男女共同参画の課題と国際規範 »

ドメスティック・バイオレンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34806/1279747

この記事へのトラックバック一覧です: 夫婦でも強制わいせつ成立 韓国で初判断:

« 二つの旧控訴院 | トップページ | 男女共同参画の課題と国際規範 »